心とカラダを整えるハーブティー☆ルナテア☆

よく街で見かけるけど、いざ探そうとするとないものって色々ありますよね。

「天然酵母パンのお店」もその一つじゃないかなって思います。

うちの近所にも天然酵母のパン屋さんがあってよく利用させていただいていますが、さて天然酵母パンって普通のパンと何が違うのでしょう?

イースト菌と小麦粉を混ぜて焼くと発酵してパンができると知ってても、天然酵母のパンとどう違うのか。

天然酵母のパンは体にいいけど酸っぱい? 堅い? そんなイメージをお持ちではないですか。

パンを膨らませているのは、酵母が発酵するときに発生する炭酸ガスです。一般的によく使われるイースト菌も自然のものですが、培養の過程で化学物質を使用します。

パンを作るのに適した菌だけを分類し培養しているため、均一で食べやすいパンが安定して生産できるのです。いわば工場で純粋培養された『養殖物』と言ったところでしょうか。

それに対して天然酵母は、果実や米、小麦などに付着する多種多様の菌を自然のまま培養したもので、加えて乳酸菌や酢酸菌など有用な細菌類も色々と含まれます。すっぱさを感じるのもこのためです。

天然酵母は言ってみれば、野生のままの『天然物』なわけです。

●天然酵母の味わいあふれる旨み、パン好きなら絶対行こう「Kazz Kitchen」(カズ キッチン)

gaikan
今回ご紹介したいのは、そんな天然酵母のパンが、野菜たっぷりあったかオーガニックスープと一緒に楽しめる「kazz kitchen」。2016年3月に茨城県利根町にオープンしたカフェです。

オーガニック、つまり無農薬であること、天然酵母でパンを作り提供していること、この2点だけからでもお店の食へのこだわりがわかるというもの。

たまご、乳製品、白砂糖を使用していない天然酵母パン、植物性100%スープ、オーガニックドリンクが各種取り揃えられています。

◆こちらをいただきました!

soup
・ゴロゴロ野菜の豆乳クリームスープ 530円
コクのある野菜のダシとスパイスが効いた、口当たりのいい柔らかなスープ。
その名の通り野菜類、キノコ類がごろごろ入ってます。
・お豆とたっぷり野菜のミネストローネ 530円
トマトベースにいろんな野菜が旨みを引き立てているので、おいしさも栄養もばっちり入ってます。
動物性のものが入ってないことに驚くお客様が続出すると言う話も納得の、野菜のコクで濃厚なスープです。
個人的にはこちらがお気に入りです。どちらのスープももう少し量が欲しいかなと思いました。

・ココナッツパン 220円 (画像左上)
ココナッツ風味の、ふわふわパン♪
ほんのり甘い丸いパンです。
IMG_7300
・オリーブクッペ 250円 (画像右上)
選んだ中では唯一の食事系のパン。
薄くスライスされたオリーブがふんだんに入ってます。
食感がたまりません。
・抹茶小豆パン 280円 (画像左下)
あざやかな緑色にひかれ購入^^
小豆は結構甘いですが、素材がいいのかやさしく感じられます。
・豆乳カスタードクリームロール 250円 (画像右下)
豆乳カスタード、とろっとしたうれしい甘さです。有機はちみつ使用のスイーツパン。
これはスープと一緒ではなく、ドリンクと合わせていただきました♪

どのパンも主張をしっかり持っているというか、個性が強いなーと感じました。
天然酵母でしかも有機素材のみ使用。はちみつ以外の動物性素材は使用してません。
いただいたパン達は酸っぱさは感じませんでしたが、食べごたえがあり、他のパンも試してみたくなりました。

・ドリップコーヒー 380円
・アッサムブレンドミルクティー 430円

いずれもオーガニックのドリンクです。
コーヒーは昔ながらの喫茶店でいただけるような日本人好みの濃いちゃんとしたコーヒーです。
ミルクティーは豆乳をスチームした濃くておいしいロイヤルミルクティー仕様。

●のどかな町並みから一転、店内は異空間?!

pan001
もう一つ注目なのは、オーナーの空間づくりへのこだわり。

郊外ののどかな町中に突然現れる、深い緑色のおしゃれな建物がkazz kitchen。

とっても気さくなオーナーの佐藤和子さんにお話を伺えました。

「せっかくの外食なら、日常から離れた楽しみを食事だけじゃなく、空間でも楽しんでほしいとの思いで内装にもこだわった」とのこと。

確かに一歩足を踏み入れた瞬間、キラキラとワクワクに清潔さをも感じました。
まず大きく重厚なタイル張りのテーブルと鮮やかなパッチワークのソファ席が目に付きます。
table
このソファの”低さ”にやられました。腰を落ち着かせてくれて、ひざが楽。すごいリラックス感です!

そしてこのテーブル。ソファの高さにちょうどいいのが無かったので、日常から離れた空間を作るのならと、全部ネット動画を参考にしながら材料を集め自作したんだそうです!

店内には他にも手作りの調度品がたくさんあります。

天井にも環境にいい、呼吸する珪藻土が使われています。素敵です。

●忘れちゃならない魅力の一つ、気さくなお姉さんオーナーに会いに行こう

他にも色々お話してくれました。サーフィンをされてて、夢中になってイベントに遅刻しそうになった話とか、お嬢さんが成人した後タトゥーを入れたこと、そのタトゥーを見て近所の年輩の方から刺青と評判が立ち、お店に来てくれないことなどなど。

すごい気さくなんです。なんだかずっと話してたい素敵なオーラを感じました。

リピーターと思われる若い女性が何人か買いに来られましたが、何かとお客さんの方から佐藤さんに声をかけて行かれます。

自身の人生経験からいろんな方の相談に乗ったりしているご様子。気さくな姉御のような存在に見えました。

出している料理はベジだけど、9割の一般人のお客様に楽しんでいただけるように、もっと美味しい非日常の空間にして行くみたいですよ。

もう近所にあったら週一ぐらいで通いたいお店です。

【お店データ】
Kazz Kitchen
https://www.facebook.com/kazzkitchen/
営業: 11:00~17:00 日月休
住所: 茨城県北相馬郡利根町布川454-273
電話: 0297-75-6617
最寄駅: JR常磐線「布佐」駅 徒歩27分、「布佐」駅より大利根交通バス「とねっ子公園前」バス停下車1分
地図:お店のFacebookサイトより
https://www.facebook.com/kazzkitchen/about/
※専用駐車場あり

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
●雑誌「veggy」10周年アニバーサリーフェスティバル開催決定!!! 日本で唯一のベジタリアン雑...