タロットはゲームとしての用途から始まり、やがて占いのツールへと変わって行きました。その後も、スピリチュアル研究や心理カウンセリングなどでも使われるアイテムとなったのです。

69dfee3aaf09d958dd3f139939d6cd23_s
出典:無料画像素材写真AC

使い方が変われば、内容も変わっていく

15世紀半ばから18世紀後半までに使われていたタロットを「ヒストリカル・タロット」と呼びます。そこから変化し、密教化が進む過程で生まれたのが「エソテリカル・タロット」でした。タロット占いの確立者エテイヤは、1781年のクール・ド・ジェブラン『原始世界』第8巻に掲載されていたタロットのエジプト起源説に影響を受けていたとされています。
余談ですが、現在では有名なタロットにおける「逆位置(リバース)」の解読法が生まれたのもエテイヤだと言われています。この時期からカードの絵柄が凝ったものになり、きちんとした知識を持った人間にしか扱うことのできないツールになっていきました。





次第に多くの人が馴染みやすいものへ

19世紀末から20世紀半ば頃まで主流だったのが「モダン・タロット」でした。タロットとカバラを結び付けたエリファス・レヴィの絶大な影響の元、密教化が極限に勧められたタロットカード。
ですが、それと同時に、よりモダンな表現へと前進する動きもあったのです。その結果生まれたのがモダン・タロットでした。さらに時代が下ると、最後は「トランスフォーメーション・タロット」の登場となります。
モダン・タロットの終わりの時代に作られ、現在使われているものとほぼ同じです。このタロットの特徴は、かつてのような密教的なシンボリズムが失われ、多くのデザインが生まれたことでしょう。特に大きな変化をもたらしたのは、ニューエージ・ムーヴメントと結び付いた1970年代以降のことです。
a6dcf3ba3e40f0d77984ce2d0c07a468_s
出典:無料画像素材写真AC

変遷と進化が作り上げた現代のタロット占い

多くの時代を通じて、様々な用途に使われてきたタロット・カード。その時代を生きた人々が、自らの運命を見つめるために、カードそのものも変遷を繰り返してきました。それは単なる気まぐれではなく、タロットを密教やスピリチュアル、あるいは心理カウンセリング的な面から見つめた結果、生まれた変化だったのです。
だからこそ、そこには神秘的な力と、人間の知恵が備わっているのでしょう。これからタロット占いを始めてみようという人も、タロットカードの中に秘められた歴史を感じて、その導きを体感してみてください。





WRITTEN BY 方山 敏彦

方山 敏彦
ライター・編集者。 趣味が高じて、いつの間にか「占い」にどっぷり浸かる 。料理のメニューに困った...