風水を一言でいえば、「環境が“運”を決める」ということです。衣食住や日々の行動などによって起こる「気」の変化によって、運気が左右される環境学だといえます。ここでは「五行の相性」と「方位ごとの運気」に注目して、しっかりと風水を学んでいきましょう。

ANJIMG_7701_TP_V
出典:ぱくたそ

「陰陽五行説」が風水の基本! さらに五行には相性がある

「陰陽五行説」とは、自然界のものは木・火・土・金・水の五行のどれかに分けられ、陰・陽のどちらかの性質を持つという考え方です。たとえば、プラスチック製品や化学繊維は「火」、陶器などは「土」に属するといった具合です。モノだけではなく、女性は「水」で男性は「火」に属すると考えられています。

「陰・陽」は明暗・新旧といった対になる性質を持ち、女性が「陰」で男性が「陽」といった感じで、お互いに支え合っています。どちらか一方だけでは成り立たず、陰の存在には陽が必ずある必要があります。バランスと調和を保つ視点が、風水では最も大事な考えなのです。



五行はそれぞれが、お互いの特性を生かして効果を高め合う

五行は単独でも、それぞれ効果を発揮しますが、他のものと組み合わさることで運気を強めていきます。良いものを「相生(そうじょう)」、運気を低下させるものを「相剋(そうこく)」といいます。たとえば、水は木を育てるため、「水」と「木」はお互いを活かす関係にあり、相生となります。

その一方で、水は火を消してしまうため、この関係は相剋ということになります。風水では、相生の関係をうまく使い、相剋を避けるのが基本的な姿勢となるのです。

TSU160730-804_TP_V
出典:ぱくたそ

方位から見たときの運気におよぼす影響

風水では、方角を表す方位も影響しています。五行をベースにして考え、それぞれの方位が運気を司るのです。方位が持つ運気や自分と相性の良い色を知って、上手に活用していきましょう。

「北」の方角は、恋愛運・金運・セックス運に影響し、「信頼」「秘密を守る力」といった意味があります。良い色は、ピンクやシルバー、白です。

「東」の方角は、仕事運・発展運・勉強運に影響し、「若さ」「情報」「音」といった意味があります。良い色は、赤・青・ターコイズです。

「南」の方角は、人気運・美容運に影響し、「知性や直感」「芸術」などの意味があります。良い色は、白・ベージュ・ライムグリーンです。

「西」の方角は、恋愛運・金運・商売運に影響し、「楽しみ」といった意味があります。良い色は、アイボリー・パステルイエロー・ピンク・ゴールドです。



WRITTEN BY 方山 敏彦

方山 敏彦
ライター・編集者。 趣味が高じて、いつの間にか「占い」にどっぷり浸かる 。料理のメニューに困った...