千葉県の柏の葉キャンパスと言う、このところ開発が急速に行われている街に、新しく蔦屋書店を中心とした商業施設「柏の葉T-SITE」が3月にOPEN。
蔦屋書店がアーケードのように100m一直線に続き、ところどころに飲食店やブランドショップ、子供たちの遊べる場所などが並ぶ業態の2階建ての施設。
新刊を片手にカフェ利用ができる、最近はやりのブックカフェを楽しめます。
読書が好きなら、ゆっくり1日居られそうな夢の空間ー。
DSC_0301
photo by たっくんKT

●新しい本の読書も楽しめる「KOE green」

DSC_0297
photo by たっくんKT

「柏の葉T-SITE」では、テイクアウトしたコーヒーや食事などを飲食スペースで楽しみながら、本屋に並ぶ本を楽しめます。こういう業態、増えてきましたね。
本は買わなくともいいんです、と言われても「本当に?」 と思ってしまいます。
でもここに並ぶカフェ、蔦屋書店がライセンス契約を結んで運営しているそうで、カフェが順調なら本を買ってもらわなくとも、蔦屋さんはもうかるわけです。
今まで本を汚してしまいそうで遠慮しちゃってましたが、なるほど、それなら気がねなく立ち読み(実際には座れますが)ができます。
施設の目の前には親水空間「アクアテラス」が広がり、噴水と緑、水浴びする鳥たちなんかを眺めながらくつろげます。

T-SITEの比較的奥の方にあるカフェ「KOE green」のメニューに「vegan」や「マクロビオティック」の文字を見つけました。
その他にもヘルシーなメニューがいっぱい!
東京・自由が丘に1号店を構える「KOE green」は、家をコンセプトにしたライフスタイル型ショップ「KOE HOUSE」が展開するカフェ。
1日3回、自らのカラダをメンテナンスできるありがたい機会ととらえ、幸せになる食を提供することをコンセプトとしています。





◆こちらをいただきました!

・アボカド豆腐サンド 600円
DSC_0293
photo by たっくんKT
VEGAN対応のマークあり。
材料: アボカド、ロースト豆腐、トマト、ロメイン、レッドオニオン、カシュナッツオーロラ

すっごくこれ気に入りました。ジューシィに野菜たちがサクサクのトーストに挟まれて、ソースも甘すぎず、アボカドがよい食感。
これは毎回頼みたい一品です。

・SALADA ハニーパンプキン(ハーフサイズ) 600円
DSC_0291
photo by たっくんKT

VEGAN対応のマークあり。
材料: ミックスリーフ、カボチャ、カリフラワー、フリーカ、インゲン豆、パパイヤ、トウモロコシ、パンプキンシード、レーズン、アーモンド

サラダは普通のサイズだとすごーくおっきなサラダボウルで来ます。
なのでハーフサイズにしました。それでもボリュームたっぷり。具だくさんで満足度は高い。
しっかり野菜を食べた!と思えますね。

・SALADA アボガドグリーン(ハーフサイズ) 600円
DSC_0290
photo by たっくんKT

マクロビオティック対応のマークあり。
材料: ケール、ミックスリーフ、ルッコラ、クレソン、アボカド、キウイ、柴漬け、ヘンプシード

こちらもやっぱり具だくさん。穀物なんかも入って、しゃきしゃきザクザクと食感も楽しい。これも満足度高いです。

お食事をじっくり楽しみたかったので本は手に取らず、イートインでいただきました。
今回はいただきませんでしたが、椎茸昆布出汁などでいただく野菜たっぷりのポタージュがとってもおいしそう。次回、読書しながら楽しんでみようかな♪

●カフェは空間も大事ですよね

イートインだったので、KOE HOUSEの商品、服や生活雑貨、食品に囲まれながらいただきました。なんだかおしゃれな友達のウチに招かれたかのような感じもします。
こんなのんびり感も良いですね。
野菜や果物中心のアーモンドミルクを使ったジュースなどもあって、ヘルシーさいっぱいのカフェです。
気分がリフレッシュできる、素敵な空間でした。

【お店データ】
KOE green
https://green.koe.com/
営業: 10:00~21:00 年中無休
住所: 千葉県柏市若柴227-1 柏の葉T-SITE 1F
電話: 04-7186-6776
最寄駅: つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅 6分、つくばエクスプレス「柏たなか」駅 27分
地図:食べログサイトより
https://tabelog.com/chiba/A1203/A120301/12041426/



WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
●雑誌「veggy」10周年アニバーサリーフェスティバル開催決定!!! 日本で唯一のベジタリアン雑...