心とカラダを整えるハーブティー☆ルナテア☆

家庭菜園ベジタリアンの「ベジで食べ歩こう」☆第26回。
たっぷりオーガニックで楽しめる「クレヨンハウス」のベジタリアン・バイキング

毎週月曜日は「ミートフリーマンデー」だってご存知ですか?

言葉の意味をそのまま訳せば「お肉なしの月曜日」となります。

今回ご紹介するこちら、オーガニックレストラン「クレヨンハウス」では、毎週月曜日にランチもディナーも、ベジタリアン・ビーガンで楽しめるベジタリアンバイキングを実施。ミートフリーマンデーを実践しているのです。

表参道駅からすぐ、お店のある表参道からちょっと脇に入った界隈は、オーガニックのお店が集まるちょっと知られたスポットなので、カラダに良いものを求めて散策するのも楽しい場所ですよ。

●月曜日はベジタリアンで楽しめる、行列ができる「クレヨンハウス」のオーガニックバイキング

IMG_7386
毎週月曜日のクレヨンハウスは、野菜づくしのベジタリアン・マンデー!

ランチ(11:00~14:00)は1,500円、ディナー(17:00~23:00)は2,700円でデザートもおかわり自由になります。

11時のオープン時からもう席はいっぱい! 特に制限時間は無いようですが、人気があるので席が空くのを待っている人もたくさんいます。ここはゆずりあいの精神で楽しみましょう。

◆こちらをいただきました!

・ベジタリアン ランチバイキング 1,500円
IMG_7391
メニュー
「雑穀入り 大豆ミートの照り焼きボール」
「豆乳クリームのマッシュポテトグラタン」
「車麩の南蛮漬け」
「菜の花の冷製ガーリックパスタ」
「金美人参とキャベツの生姜味噌和え」
「さつま芋のココナッツサラダ」

IMG_7394
これに玄米ごはん、五分づき米、みそ汁、オーガニックのお茶も全部おかわり自由。
メニューはもちろん、季節によっていろいろ変わります。

普通のレストランでのバイキングに較べても安いですよね~。それなのに出ているのはオーガニックのものばかりなんて驚きです。
IMG_7388
そんなバイキング、とっても貴重じゃないですか? 人気なのも当然ですね。

料理は大人の給食時間と言った感じに、一直線に並べられていて、自分でお皿に盛り付けていくスタイル。

ネーミングも味つけも、工夫のこらされたオーガニック料理に目移りしてしまう瞬間。

最初に並んだ時にはもう目当ての”照り焼きボール”と”マッシュポテトグラタン”がなかったんですが、裏でどんどん作ってくれていて2皿目でGet!できました♪

どれも美味しくって取りすぎてしまった感じがあったんですが、一番のお気に入りだったのは意外にもお味噌汁。

しいたけと昆布のだしでおなかにやさし~いんです。こういう基本の料理が美味しいのはとっても重要だと思います。

●ミートフリーマンデーを取り入れてみよう

「ミートフリーマンデー」
言葉の意味をそのまま訳せば「お肉なしの月曜日」

聞きなれない言葉だと思いますが、この運動を提唱し始めたのは、なんとあのポール・マッカートニー氏。

2009年6月、ロンドンにおいてポールは「人々に、僕のようなベジタリアンになれと強制しているわけではないんだ。1週間に1回だけ肉類を食べない日をつくるだけで、地球の環境問題緩和に貢献することができる。週1回車を使わないことより、はるかに簡単だろう?」と語りました。

これまでにも少しずつ書かせていただいた、ベジタリアン食にすることの効能。自分の美容・健康にいいだけでなく、地球環境や動物たちへの負担を減らすことができるんです。

ただ、そうは言ってもなかなかお肉やお魚はメインディッシュから外せないんだよーと言う方に、「毎週月曜日だけでもお野菜だけで過ごしてみませんか?」という提案をしているのが、この「ミートフリーマンデー」です。

ミートフリーマンデーは今や世界36か国に広まる運動として輪が広がってきています。日本でも精力的に活動されている方々がいて、学校や社員食堂、レストラン、そして自宅で取り入れていこうと働きかけています。

・日本での活動についてはこちら
http://www.hopeforanimals.org/MeatFreeMonday/00/change.html

無理なく、楽しめる範囲でベジタリアン食を広げて行くことで、未来を変えようとする運動なのです。

●クレヨンハウスはオーガニックを愛するママの味方

さて、クレヨンハウスのレストランは、有機食材をつかって「有機の畑をひろげよう!」とがんばっているオーガニック・レストラン。

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)の「上級オーガニックレストラン認証」を取得するほどのこだわりの高いお店なんですが、それだけじゃありません。

レストランの横には有機野菜や有機の果物が並ぶ「Organic Food Market」もあり、普段見なれた野菜もみんなオーガニックで買えます。
IMG_7396
1Fより上は書店おもちゃ屋さんがあって、お子さんやママさんたちのことを考えた本、お子さんの体に無害なおもちゃ、オーガニックコットン製品なども買えます。

手にとって自由に見ることもできるので、こちらも親子連れがいっぱい。小さな子供たちがあちこちで遊んでいる姿も見えます。

安心・安全な製品ばかりが取りそろえられたお店だから、オーガニックを愛するママ達の足も自然に向いてしまいそう。

すてきなものがいっぱい見つかる、クレヨンハウスはそんなお店です。

【お店データ】
クレヨンハウス
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/restaurant.aspx
営業: 11:00~22:00(ランチは11:00~14:00) 不定休
住所: 東京都港区北青山3-8-15
電話: 03-3406-6308
最寄駅:東京メトロ各線「表参道」駅 A1出口5分、JR山手線「原宿」駅 12分
地図:食べログサイトより
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13055370/

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
●雑誌「veggy」10周年アニバーサリーフェスティバル開催決定!!! 日本で唯一のベジタリアン雑...