今回ご紹介するのは、地元のタウン誌で紹介されていた純喫茶「微巣登路」です。
野菜ホットサンドの写真がおいしそうに写っていたので早速伺いました。
常磐線「北松戸」駅の東口ロータリーの一角のビルの2階。アクセスはすごく良いです。
入店すると、入り口付近で話してた二人組の女性のうちのお一人が立ち上がり、接客してくれました。
常連さんとお話しされていた店員さんでした。
ここがほんとうにゆったりと時間を忘れてくつろげるお店で、美味しいお茶や食事も楽しめる場所。


photo by たっくんKT

ぼーっと落ち着ける時間を作ることは、忙しい時間に入ってきた雑多な情報を整理できる貴重な時間。忙しい人こそそういう場所・時間を意識的に見つけていくことで、仕事の効率などが飛躍的に上がるんだそうですよ。

昭和を想わせる純喫茶「微巣登路」


photo by たっくんKT

この、当て字で「ビストロ」と読ませるセンス、大好きです。
店内にはしっかりした扉の電話ボックスが見えます。年代物のジュークボックスやテーブルゲームの席もあったようです。
注文が入ると大きな声でマスターに伝える女性店員さん。
奥で黙ってそれを聞き、コーヒーをドリップしているマスター。
いい光景だなぁ。

先ほどの女性店員さんが、席の近くに来るたびに色々お話ししてくださいました。
お店は創業から40年。周囲には5件あった喫茶店も今ではみな無くなってしまったとのこと。
一切ネット等では宣伝などをしていないそうです。
いい意味で、時代に取り残されたような昭和を感じる純喫茶。
ずっとゆっくりして行ってくださいと言ってくれました。

ふっかふかのソファー席。床から何から掃除が行き届いています。重いソファーも押すと簡単に滑るくらいピカピカ。
こういうところに、店員の方のお店への愛情を感じます。
見れば、まわりのお客さんも通いなれた感じで、それぞれおしゃべりしたり、勉強したり、音楽聞いたり、好きなことを腰をじっくり落ち着けて喫茶を楽しんでいます。
すたれそうに見えても、良い場所には人は集まるものです。

◆こちらをいただきました!

・野菜ホットサンド

photo by たっくんKT

・野菜サンド

photo by たっくんKT

ホットにした場合との違いも味わいたくて両方注文。
パンも野菜も厚く切ってあり、結構ボリュームがありました。
野菜サンドは何でもない素朴な感じでしたが、食器もおしゃれでていねいで、パンにも野菜にも心を尽くしてらっしゃるなぁと感じます。
それをそのまま温めてプレスした感じの野菜ホットサンド。
野菜のシャキシャキを味わいたいならそのままの野菜サンドで。
ホットサンドはカリカリに焼けたトーストで味わえます。
お好みでお塩をふっていただけます。とても美味しくいただきました。





探してみよう、あなたの本当の「隠れ家」


photo by たっくんKT

このごろ「隠れ家的」と紹介されるカフェやレストランがもてはやされていますが、行ってみると人が多くてゆっくりできないところも結構あります。
その点「微巣登路」はのんびりできるという点では圧勝です。
いつまでいても許される落ち着ける場所、そんな自分の空間をあなたも見つけてみませんか。
それがもしかしたら今後の人生に大きな変化を生み出すかもしれません。

夜はワインバーとして深夜2時まで営業。
時間が許せば、ほんとにいつまででもいられる場所だと思いました。

【店データ】
微巣登路(ビストロ)
https://tabelog.com/chiba/A1203/A120302/12023632/
営業: 9:00~翌2:00 不定休
住所: 千葉県松戸市上本郷905 ワタナベビル2F
電話: 047-364-0954
最寄駅:JR常磐線「北松戸」駅 東口1分、新京成線「上本郷」駅 19分
地図:食べログサイトより
https://tabelog.com/chiba/A1203/A120302/12023632/dtlmap/





家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
●雑誌「veggy」10周年アニバーサリーフェスティバル開催決定!!! 日本で唯一のベジタリアン雑...