人には聞けない!夜の夫婦生活における5つの悩みと解決策

夜の夫婦生活について「満足できない!」、「誘っても断られてしまう」などの悩みを持っている人も少なくないでしょう。しかし、このような話を友人や親には相談しにくいですよね。悩みをそのままにして夫婦生活に満足できなかったり、セックスレスになってしまったりすると、離婚や不倫に発展する可能性があります。

この記事では、よくある夫婦生活に関する5つの悩みや、それに対する解決策をご紹介します。

悩み1:誘っても断られる

出典:無料素材画像 写真AC

勇気を持って夜のお誘いをしても、相手にバッサリと断られてしまうこともあるようです。

 

勇気をもって誘ってみましたが、「したくない」と断られてしまいました。私のお腹が出ていることを指摘していたので、それが嫌なのかもしれませんが、その指摘も私は傷つきました。(引用:夫に断られ傷つきました|発言小町)

 

勇気を出して誘ったのに断られてしまったらショックですよね。それが何度か続いてしまったら、誘う気にもなれなくなってしまうでしょう。

また、「自分が悪いの?」、「愛情がなくなってしまったの?」と不安に思う原因になるでしょう。これらは離婚調停でよく話題になるトピックでもあります。

解決策①|夫婦間で原因をよく話し合う

誘いを断られる原因をよく夫婦で話し合いましょう。誘っても相手に断られると、ご自身に原因があるように感じてしまいますが、相手側に原因(疲労でそれどころではない・明日が早いため寝たい)があることもあります

原因が明確になれば、たとえば疲れていない日を約束してみるとか、環境を変えてみるとか、改善の余地があります。

話し合わずに自己完結してしまうと、『自分が悪い』とご自身を責める原因の1つになってしまいます。そのせいで、夫婦として生活することが苦痛になったり精神を病んでしまったりするかもしれません。

解決策②|軽い触れ合いから始める

言葉でセックスをするか、しないかの2択を迫ることはおすすめしません。なぜなら、明日のことやした後の疲労感も考えてしまうので、あまり性欲や体力がない人は引いてしまうかもしれないからです。

なので、セックスを感じさせないマッサージなどの軽い触れ合いから行うことをおすすめします。ただし、夫婦であっても無理強いをしてはいけません。

相手が拒否するのを聞かず無理矢理セックスにおよんでしまうと、性的DVに該当し、離婚に発展する原因になるかもしれません

 

悩み2:子供や親がいて気になってしまう

夫婦生活は大切ですが、子供がいる場合気になってしまい、できない場合がありますよね。また、親と同居している場合、万が一見られたらと思うと気になってする気になれない人も多いのではないでしょうか。

 

子供が中学になって夜更かししているので、夫婦生活が出来ません。(引用:自宅での夫婦生活|Yahoo!知恵袋)

セックス中に「大丈夫ー?」と声をかけられました。知らないフリをしてくれたと思うのですが、声をかけてきたのは初めてで、今まで以上に顔を合わせづらいです。(引用:義両親と同居してます。|Yahoo!知恵袋)

 

また、ラブホテルに行くという選択肢もありますが、「気まずい…」「経済的に頻繁にいけない」などの問題があると思います。

もちろん、夫婦水いらずで旅行に出かけてみる、というのも1つの解決手段です。

解決策①|鍵をかけておく

寝室に鍵をつけるのは有効な手段です。また、子供が小さいうちから『寝室に入ってはいけない、寝室に入る前は必ずノックする』などのルールを決めておくのもよいでしょう。

ただし、今更鍵をつけたり、子供に言い聞かせたりすることが難しい夫婦もいるでしょう。そのような場合、寝室のドアの前にパーテーションを置いたりのれんなどを付けたりするのも1つの方法です。

解決策②|有給を取り平日に休みをつくる

夫婦で有給を取り、家族が外出したときを狙いましょう。親と同居している場合は、いつ出かけるのか予定を把握しておくことが大切です。


東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

悩み3:回数が少なく満足できない

性欲や体力には個人差がありますので、人によって満足する回数は違ってきます。夫婦で性欲に差がない場合は問題ありませんが、一方が強くもう一方が弱い場合満たされず不満に感じてしまうかも。

 

昔から淡泊で更に現在淡泊というか誘わなければまず、ありえない感じだし不満がたまります。(引用:夫婦生活の悩みです|Yahoo!知恵袋)

新婚でも独身時代と変わらない回数で私は、正直 欲求不満です。それ以外がほぼエッチがなくて寂しい限りです。(引用:子作り、旦那との夫婦生活について悩み中です。|Yahoo!知恵袋)

 

夫婦になったのに、結婚前と変わらない回数に不満を感じてしまう人もいるでしょう。また、こちらが誘わなければまったくしないという場合は寂しく感じますよね。

 

解決策①|回数が少なく寂しいことを言ってみる

相手に、回数が少なく寂しいなどの不満を正直に伝えましょう。その際に、1ヶ月または1週間でどのくらいの回数をしたいのか、夫婦で理想を話し合うことをおすすめします。

 

相手は、夫婦生活が少ないことで寂しさや、不満を与えているとは思っていない場合もあります。

 

解決策②|回数ではなくかける時間を重視する

相手が何回もできないという場合は、1回にかける時間を重視するようにしましょう。1回の時間が長くなることで愛情や、大切にされていることを感じることができます。

 

悩み4:夫婦生活をしても時間が短く愛情を感じられない

夫婦生活が短く雑だと、まったく愛情を感じることができず、かえって寂しさを感じてしまったり、セックスが嫌いになってしまったりするかもしれません。

 

夫が一方的に私に口ですることを強要し、その後すぐ挿入。そして終了です。私にはキスも、触ることもなく私はまるで夫のオナニーの道具の様に扱われている感じです。(引用:夫婦生活(セックス)の悩みです。|Yahoo!知恵袋)

愛情のないものになってきて盛り上がることもなくなり「早く逝って」と言われる程にまで淡白なものとなってしまってます…(引用:夫婦生活の悩みです。|Yahoo!知恵袋)

 

解決策①|夫婦生活の内容について話し合う

夫婦生活の内容について、一度腰を据えて話し合うことをおすすめします。理想やしたいことが違う場合お互いに満足できず、最悪不倫に走ってしまうかもしれません。

そうなると、家族に対して与える打撃は大きく、また、話し合いもせずに離婚に発展してしまうこともありえます。

解決策②|日常的にハグやキスをする

日常的にハグやキスをして愛情を育て、お互いを気遣うことを当たり前にしておくことが必要です。

 

夫婦生活は日常生活の延長上にあります。普段から相手を気遣えていないと、行為の最中でも自分本位で相手を気遣えないのではないでしょうか。

普段からハグやキスなどのスキンシップやコミュニケーションが必要です。

悩み5:不倫している

不倫が原因で、夫婦生活の回数が少なかったり、セックスレスになっていたりするのかもしれません。

 

同棲(は一昨年12月から)生活を始めてから徐々にレス気味になり、ある時から求められなくなってきたため色々調べた結果…。月に2〜3回風俗へ行き、処理していたことが判明(計5〜6回)。(引用:新婚 夫婦 レス 悩み|Yahoo!知恵袋)

 

もし、相手が風俗に通っていたり不倫をしていたりする場合はやめさせ、しかるべき対応が必要です

解決策①|証拠を確保する

まず、言い逃れできないような証拠を確保しましょう。相手の持ち物を探ったり、ケータイの中身を確認したりして証拠を探すこともできます。

しかし、確実に確保するためには『探偵』へ浮気調査を依頼することをおすすめします。

証拠は、離婚するための物だけではありません。探偵によっては、証拠をどうするかについて相談にも乗ってくれます。

解決策②|離婚するか夫婦関係を修復するか考える

証拠が確保できたら、今後のことを考えます。例えば、浮気相手にだけ慰謝料請求するのであれば、離婚はせず、夫(妻)には慰謝料請求を控えることになるでしょう。

しかし、不倫相手と夫(妻)の双方に請求するのであれば、当然ですが、離婚することになります。

離婚する場合

離婚する場合は、不倫の程度にもよりますが、慰謝料請求できる可能性が高いでしょう。証拠を持って一度弁護士に相談することをおすすめします。

婚姻期間の長さや精神的な苦痛の程度によって高額になるケースもあります。また、財産分与においても、高額の請求が通るかもしれません。

夫婦関係を修復する場合

不倫をしたからといって、夫婦関係が修復できないとは限りません。証拠を持った上で、お互いに今後修復のためにどうしていくかを話し合いましょう。

また、離婚しないことを決めたのであれば、不倫相手に慰謝料請求して、夫(妻)にもう会わないことを、誓約書などにまとめることをおすすめします。

なお、そのような場合は弁護士に仲介してもらい、法に従って行うことで、トラブルを回避できるでしょう。

2人では話が進まない場合、夫婦でカウンセリングを受けるのも1つの方法です。仮に離婚する場合を考慮して、最悪どうなるのか、あらかじめ弁護士などに相談しておくのもよいでしょう。

知らないフリをする場合

不倫を見て見ぬふりをするのもひとつの方法です。しかし、知らないフリをしているとさらに大胆に行動することもあります。結果的に、自分が我慢しないといけない時間が増えてしまうかもしれません。

また、放置すると仲が深まり、不倫相手に対し本気になってしまうかもしれません。早めの話し合いをおすすめします。

まとめ

夫婦生活に関する悩みは、あなた1人が頑張っても解消できるわけではありません。話しにくいと感じてしまうかもしれませんが、早めに話し合うことで、より満足できる夫婦生活を送れるでしょう。

また、セックスレスは離婚原因にもなる深刻な問題で、早期の解決が求められます。

この記事の監修者

虎ノ門法律経済事務所 池袋支店

齋藤健博 弁護士 (東京弁護士会)


東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

WRITTEN BY 離婚弁護士ナビ

離婚弁護士ナビ
https://ricon-pro.com あなたの新しい人生を親身にサポート!