「あなたの強み発見!」といったタイトルのセミナーや個人相談などをよく目にしますね。
あなたも、これまでに、「私の強みってなんだろう?」と悩んだことがあるのではないでしょうか。
今回は、あなたの「強み」の見つけ方をご紹介します。

そもそも「強み」ってなんでしょう?

あなたは、「強み」とはどういうものだと思いますか?

ワークショップや個人セッションで確認すると、多くの方が
「ほかの人よりもよくできていること」
と、答えられます。

残念ながら、これは「得意なこと」であって、「強み」ではありません。

では、「強み」とはどういうものを指すのか。

それは、
「あなたにとっては、ごく当たり前にできてしまうこと。どちらかというと、楽しんでやれてしまうこと。
しかし、周りの人から、『そんな大変なことを、よく楽しそうにできるね!!』といった反応があるもの」
です。

ですので、自分の強みがどんなことなのかわからない人が多いのです。
そして、ほかの人と比較して、自分の方が上だ、下だと一喜一憂するものではない、ということです。

自分の強みについて知るための簡単な方法は、友人や家族、仕事仲間など、いろんなジャンルの方に、「私の強みって何だと思いますか?」と聞いてみることです。

「え! そんなことが?!」 という答えが返ってくるかもしれませんよ!

「できること」が「強み」とは限らない

先ほどもちょっと書きましたが、「強み」と「得意なこと」とはちょっと違うのです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

実は、「得意」の中には、「好き」と「嫌い」があるのです。
例えば、パソコンが苦手な人から、ワードができるあなたに「チラシの作成」依頼が入ったとします。

あなたは、作ることはできるので、お役に立てるのならばと作ってあげます。
そのチラシが好評で、何かあるたびにチラシ作成の依頼が入るようになりました。

でも、実は、チラシ作成はあまり好きではない作業だとすると、だんだんと気持ちがブルーになってきて、チラシ作成が苦痛になってきます。

「強み」と「できること」を同じことだととらえていると、こうした負のスパイラルが起こってきます。

できれば、「好き」で「得意なこと」をする時間を増やし、「嫌い」で「不得意」なことはやらないで、ほかの人にお願いしてみる。

「嫌い」で「得意なこと」は、余裕がある時だけ受けるようにする、といった工夫をすると

あなたの「強み」がイキイキと輝きだしてくると思います。これが「イキイキのタネ」です!

ちなみに、「好き」で「不得意」なものは、仕事としてではなく、「趣味」として割り切ると、ストレスなく楽しむことができますよ。

【現在参加者募集中のイベント一覧はこちら】

【あなたの“イキイキのタネ”発見!無料メール講座はこちら】



WRITTEN BY 涼木 ゆかこ

涼木 ゆかこ
Blossomy*Life Labo 代表 涼木(すずき)ゆかこ 大学で心理学を学び、民間の研...