就職や転職、異動、入学、それに伴う引っ越しや一人暮らしなど、新しい生活が始まる方も多いのではないでしょうか。

新たな出会いや可能性に出会える楽しみがありますが、新しい環境に慣れるまでストレスを感じやすいですね。

今回は、ストレスと上手に付き合う4つのポイントをお伝えしたいと思います。

【「ストレス」とは?】

PP_saboten_TP_V
「ストレス」とは、「肉体的、精神的に受ける様々な“刺激”」です。

ですので、苦痛や不快なものだけでなく、楽しいことや嬉しいこと「ストレス」になります。

ただ、「ストレス」の感じ方は人によって異なり、ある人にとっては大きな不快なストレスだと感じるものも、ある人にとっては、何とも感じなかったり、ワクワクしたり、「よ~し、頑張るぞ~!」という起爆剤になる場合もあります。

【大切なのは「ストレスを蓄積しない」こと】

では、「ストレスのない状態」がいいのかというと、そうとも言えないようです。

ストレスのない状態とは、「変化や刺激のない状態」です。

何の刺激もない状態が続いても、体調不良を起こすといわれています。

大切なのは、不快なストレスを減らし、良いストレスで自分を持ち上げ、ストレスを早々に手放し、蓄積しないことです。

【ストレスと上手に付き合う4つのポイント】

NKJ52_karaokeutauonnanoko_TP_V
では、ストレスと上手に付き合う4つのポイントをご紹介したいと思います。

①不快なストレスを減らす

ストレス源の中には、自分で回避できるものもあります。
例えば、睡眠不足、疲労、寒さや暑さ、食品添加物、暴飲暴食といった肉体的なストレスは自分でコントロールしやすいものだと思います。

特に、新しい環境に身を置くと、緊張してストレスを感じていることに気づかないこともあります。
お休みの日は意識して、ゆっくりと身体を休ませることも大切です。

②自分を心地よい状態にする時間を増やす

日ごろ頑張っている自分を思いっきり労い、自分を心地よい状態に整える時間を意識して増やすことで、ストレスを解消することができます。
少し高めの美味しいものを食べる、アロマのお風呂に浸かるなど、自分が心地よくなる工夫を20個以上見つけてみましょう!

③悩みを対策に変える

精神的なストレスの1つに、「どうして……(why)?」といった答えの出ないこと、あるいは、もう変えられないことについて、何度も繰り返し頭の中で再現している状態があります。

こうした状態にあることに気づいたら、
「次からはどうしたらいいかな?」
「明日はどうすると、今よりいい流れになるかな?」

といった「どうやって……(How)?」という質問を自分にしてみてください。
実際にいい流れを起こすアイデアが生まれてきますよ。

④感情は小出しにする

爆発するまで溜め込まず、小出しにするとより早く簡単に解消します。
気の置けない友人に聞いてもらってもいいですし、一人カラオケで「バカヤロー!!」と叫ぶのもおススメです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【現在参加者募集中のイベント一覧はこちら】
【個別相談メニューはコチラ】

WRITTEN BY 涼木 ゆかこ

涼木 ゆかこ
人生マップ無料公開鑑定致します。 申込みフォーム https://www.reservestoc...