私たちと一緒にウラスピナビを作りませんか?

「ウラスピナビゲーター」とは、「ウラスピナビ」に記事を提供して下さる、ライター、占い師、セラピスト、カウンセラーの総称です。
ウラスピナビゲーターとしてプロ・アマ問わず、恋愛、占い、スピリチュアル、カウンセリング、ライフ、ビューティーの分野で、季節のイベントなどの旬な情報、ユニークな視点の情報記事を書いていただける、ウラスピナビゲーターを募集しています。
ライター、編集、ライティング業務の経験がある方、占い、スピリチュアル、恋愛など女性が興味を示す特定の分野に詳しい方、私たちと一緒にウラスピナビを盛り上げていただける方を随時募集しています。

navigator-wanted-image

≪業務内容≫

  • 原稿執筆

※基本的にご自分の専門内のご執筆です。
稀に、こちらで企画、指定した記事を書いていただく場合もあります。

≪応募資格≫

  • 恋愛、占い、セラピスト、カウンセラー、美容、ライフなど、感度の高いオトナ女子の「気になる」記事を執筆ができる方
  • ウェブや紙媒体で編集またはライティング業務の経験がある方。もしくはブログ記事を定期的に書かれているブロガーの方
  • 月に1~10記事をご執筆いただける方
  • 基本的なPCスキルおよびご自宅にPC環境がある方

※上記の条件をすべて満たしてなくても大丈夫ですが、ライター経験者は優遇いたします

≪募集内容≫

  • 恋愛、占い、スピリチュアル、カウンセリング、ライフ、ビューティーのカテゴリーの中で1つに登録していただきます。カテゴリーに当てはまる記事内容を納品してください。
  • 記事はご自身のブログや、他で発表されたご自身の書かれた記事でも構いません。
    注!! 他人のブログ記事や他キュレーションサイト等の記事流用、コピペは絶対にお止めください
  • 記事の最後や、ご自身の自己紹介文にて、自己PRやイベント、ご自身のビジネスの宣伝は構いません(内容によっては相談の上、ウラスピ編集部で削除や修正を行います)。
    ※こちらは記事の文字数とは別カウントになります。
  • 1記事は1000文字から1200文字でお願いします(1200文字よりも文字数が多い記事は構いませんが、1000文字以下の記事は受付できかねます)。また、見出しを3つほどつけてください。すでにアップされているウラスピナビの記事を参考に、同じ体裁で原稿を作成してください。
    ※記事UP前にウラスピ編集部で編集いたします
    長い記事につきましては、前編後編にわけてください(ただし、2回以上の続き記事はおやめください)。
  • 記事執筆に関しての原稿料はございませんが、ご自身のブログや活動の宣伝の場として活用して下さい。
  • 月間アクセス数が多かった記事、1位~3位までには報奨金をお支払いします。ウラスピナビゲーターさん全員にアクセス数の多かった記事に関してはお知らせいたします。
  • 「ウラスピナビゲーター」は、1か月内に1~10記事をウラスピ編集部宛にメールにて納品してください。本数の強制はありませんが、上記本数は必ず守ってください。

≪エントリー方法≫

  1. 以下のエントリーフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。
  2. 編集部で検討の上、ご応募から10日以内にご連絡させていただきます。(ウラスピナビ編集担当:滝澤)
  3. 記事掲載をお願いする場合、編集部より、ご応募から10日以内に、ウラスピナビゲーターの登録シートを送らせていただきます。そちらに記入いただき、登録シート、顔写真(顔出しがNGであればご本人が撮影されたイメージ写真でも可)をお送りください。

※できれば、すでに記事掲載がある内容と似通ったものは避けていただくほうが無難です。また幅広い層の読者が興味を惹くような内容を心がけていただき、あまりに専門的で読む方が理解しにくい内容や、客観性を欠いた独りよがりの文章、裏付けがなく信ぴょう性に欠ける内容、小説などの創作文章、人や団体、特定の物などを批判するような内容の記事は扱うことができませんので、ご了承ください。

感度高い大人女子の「気になる」をギュッと凝縮した情報を発信する、新たなウラスピナビゲーターを心よりお待ちしております!

ウラスピナビ編集部一同

エントリーフォーム


※ブログやHPなど、どのような活動をしているかわかるURLをご記入ください。


※ファイル形式は、.txt、.pdf、.doc、.docx/ファイル容量は1MBまで/ファイル名は半角英数字でご用意ください。
※登録するカテゴリーにそった内容で、1000文字以上1200文字程度でお願いします。内容に問題がない場合、そのままサイトに使用させていただきます。残念ながら掲載が難しい原稿についてはその旨お伝えし、その後ウラスピナビで勝手に記事を使用することもありませんので、ご安心ください。