私たちは、つい、物事を複雑にしてしまうクセがあるようです。
でも、物事はとてもシンプルなのです。選択肢は2つしかありません。

【選択肢は「やる」か「やらないか」しかない】

2つしかない選択肢とは、

「やる」か「やらない」か
です。

「やる」のか、「やらない」のかを決めるのに、「あーでもない、こーでもない」と、いろいろと考えてしまい、複雑にして、迷子になり、深刻になってしまっていることが少なくありません。

物事を複雑に考えてしまう人は、「やる」にせよ、「やらない」にせよ、自分が納得のいく理由が欲しいのかもしれませんね。

なぜ、「納得のいく理由」が欲しいのでしょう?

【「これが正解!」なんてものはありません】

「納得のいく理由」を探している理由に、

「これが正解!」

というものを求めていることが多いのではないでしょうか。

実は、私も一時期、外側に「正解」を探し求めていたことがあります。

講師や先生、先輩など、自分よりいろんなことを知っている人に聞いたり、本をたくさん読んだり、セミナーに行ってみたりと、あちこちを探し回りましたが、いつまで経っても、「正解」を見つけることができませんでした。

そう、「あなたがどうするといいのか」の「正解」を知っている人はあなた以外、誰もいないのです。

【「正当な理由」なんていらない。必要なのは「○○だけ」】

%e7%84%a1%e9%a1%8c
何かしらの行動を起こしたり、行動するのをやめるのに「正当な理由」なんて必要ありません。

「やる!」と決めて動きだすか、「やらない!」と決めて、他のことをすればいいだけです。

とはいっても、その決断を下すのが怖いのですよね。

怖くて、なかなか決められない。

だから、絶対にこれなら大丈夫!という「正解」を求めてしまうのですよね。

あなたが決断したことが、「正解」になるかどうかは、実は、あなた次第なのです。

「これでよかったんだ!」と思えるまで、決断し続ければいいだけなのです。

このときに必要なのは、「正当な理由」でも「正解」でもありません。

あなたが決断した結果がどんなことであれ受け入れる【覚悟】があればいいだけなのです。

どんな結果でも受け入れる、というのは、「失敗したら、失敗者としての自分を受け入れる」という意味ではありません。

「失敗した」と思ったら、「では、自分が納得のいく結果にするには、どうしたらいいか?」を考えて、再び試してみればいいだけなのです。

『成功の反対』は何だと思いますか?

『何もしないこと』なんですよ。

【現在参加者募集中のイベント一覧はこちら】

【あなたの「イキイキのタネ」発見!無料メール講座はこちら】



WRITTEN BY 涼木 ゆかこ

涼木 ゆかこ
Blossomy*Life Labo 代表 涼木(すずき)ゆかこ 大学で心理学を学び、民間の研...