★占い師からのメッセージ! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

心に美しい花を咲かせよう!

 

季節ごとに咲く美しい花たちは、私たちの人生の節目にも寄り添い儚くも美しい姿を見せてくれます。華やかさだけではない美しい花のエネルギーを私たちは必要とし感じているのかもしれません。心にもそのような花を咲かすことができたら。スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典: Pixabay

 

花という存在

 

普段、花という存在を忘れてしまうことが多くあります。若い頃、花には興味がなく花嫁修業として習った生け花教室も最初のお免状をいただくやすぐに辞めてしまい、会社の同僚や友人にいただく誕生祝いの花束でさえ「綺麗だけど毎日花瓶の水を変えるのが面倒だわ」と思うようなひどい娘でした。しかし最近になり、歩いていると菜の花や沈丁花といった春の花の香りに昔の思い出が蘇ります。なんとも心穏やかな気分になるのです。

 

そう、春の訪れは花が潤いを与えてくれることを思い出させてくれるように感じるのです。桜の開花も、その一つではないでしょうか。優美でいて儚い、その姿を見上げると心が和む中に切なさが混じり何とも言えない気持ちになります。

 

平安時代から始まったといわれる桜のお花見。なぜか桜だけはお花見をし、天気予報では開花予想もしてくれます。桜には人の心を惹き付けて止まない魅力があるようです。桜の開花、それは春の訪れを知らせるということだけではなく、桜が花という存在を人々に知らせているような気がするのです。

 

 

人生の節目は花と共に

 

花は人生の節目に登場することが多くあります。出会いのとき、別れのとき、応援するとき、労うとき、想いを伝えるとき、祝うとき。花たちは何度となく側に来ては離れて行き、人生の大切な時間を共にしています。

 

気がつけば人生の節目には花があるという感覚の中、私たちはなぜ花を必要とするのでしょう。花は見返りを求めず私たちを楽しませ慶びを与え、心を癒し静かに寄り添う、そして散って行く。そんな高貴な姿を心のどこかで求め、花が発する愛のエネルギーを知らず知らずのうちに必要だと感じているのかもしれません。


出典: Pixabay

心に咲く花

 

実際の花が咲いている時間はとても短く儚い。よく人の人生にも例えられます。だからこそ、造花やプリザーブドフラワーにはない潔い美しさが魅力としてあるのかもしれません。ですが、私たちの心の中には永遠に咲き続ける花を育てることができます。そして間違った手入れをしなければ生きている限りずっと咲き続けるのです。

 

心の花、それは悲しいこと辛いこと悔しいことの悪天候に耐え、不安に怯えながら過ごした日々も肥やしとし、葉の先にまで染み渡る喜びや感動という潤いを与え一生懸命生き育てるもの。大地に力強い根を張り美しい花を咲かせることができれば、おのずと人生にも尊い花を咲かせることができると思うのです。

 

「華」のある人はとても素敵。ですが、静かに強く愛に溢れる「花」は美しい、そんな「花」のある人になりたい、今になって思うのです。

 

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...