「職場恋愛」という言葉もありますが、男女の出会いとして多い「働く場所」。そして職場で知り合って不倫関係に……という後ろめたいパターンもあるはず。では、職場や仕事関係者と不倫関係になることはよくあることなのでしょうか? 今回は「働く女性の不倫事情」について書きつづってみたいと思います。

 

なんと不倫経験者は〇%も存在!驚きの調査結果

 

「日経ウーマンオンライン」さんが350名の働く女性にアンケートを取った結果(出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20150810/211901/?P=1&n_cid=nbpwol_else)を、ご紹介させていただきます。

Q.あなたは過去・現在不倫をしたことがありますか?

という質問に対し、なんと半数以上が「YES」と回答。しかも職場や仕事関係者という回答が70%を占めていました。 注目をしたのは、不倫した理由。

 

Q.あながた不倫したきっかけを教えてください。

こちらの質問に関しては、「何度も顔を合わせるうちに惹かれ合って」という回答が60%弱。つまり、毎日顔を合わせるうちに、徐々に好きになっていった、付き合う関係になっていった、ということなんですよね。

 

 

ザイアンスの法則とは?

 

心理学の用語ですが、「ザイアンスの法則」というものがあります。これは「単純接触効果」というもので、「人は会えば会うほど好意をもつようになる」というものです。

このような経験はないでしょうか? 最初はなんだか、いやな感じとか、なんとなく苦手なタイプでも、一緒にいる時間が長くなるにつれて好意を持つようになったりなど。これは、相手に対しての警戒心が薄れることで、「この人いいかも」と思うようになっていく、心理効果だと言えます。

 

逆に言えば、あなたが今、気になる男性がいて、まったく声をかけることができない状態、またはたまにしか連絡を取らない状態だとすれば、ぜひ、この「ザイアンスの法則」を使ってもらいたいです。あまりにやりすぎると、相手にウザがられたり、ストーカー扱いされてしまうかもしれませんが、「顔を合わせること」「言葉を交わすこと」は、人間にとってとても大事なことなのです。

 

 

デキる営業は知らず知らずのうちにこの法則を使っている?

できる営業マンやビジネスパーソンは、知ってか知らずか、上手にこの「ザイアンスの法則」を使っています。マメに顔を出したり、連絡をしたり、ウザがられない距離を保ちながら、きちんと自分をアピールし、相手に対して警戒心を解く。これは仕事でも恋愛でも使える、簡単だけれども効果的な、テクニックなんですよ!

と、話を職場不倫に戻しますが、そういった意味では、毎日同じ人と顔を合わせる状況(=職場)には、意外と恋するきっかけがあふれているわけですね。オトナ女子の皆さんは、不倫経験はありますか? 下記は、不倫していた(している)と答えた人の統計ですが、日経ウーマンオンラインさんのアンケート結果を見てみますと、

Q.どのぐらいの期間付き合っています(いました)か?

という質問に対し、1年未満が23.6%、1年以上が24.6%、3年以上が20.7%と、それなりに続いていることがわかります。職場の場合だと、毎日顔を合わせるので、別れづらい、別れると職場で気まずいという心理も働くのかもしれません。

 

ただし、実際に不倫関係に進んでしまうと、自己嫌悪に陥ったり、不安、猜疑心、嫉妬などなど、自分自身が平常心を保てなくなって、仕事や人間関係にも支障をきたしてしまうかもしれませんね。理性を持って、「ワクワクドキドキ」くらいでとどめておくのが、職場恋愛は一番楽しい過ごし方、なのかもしれませんね。

WRITTEN BY ウラスピナビ 編集部

ウラスピナビ 編集部
面白い情報やアンテナに引っかかった占い・スピリチュアル・旬な情報をたくさんお知らせしていきます!