★3人の占い師が交代で書いています! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

外格でわかるあなたの恋愛傾向―自分の性格を把握して素敵な異性をゲットしよう《前編》

人間関係を支配する“外格”の端数で自分の恋愛スタイルがわかる

 

今回から2回に亘り、ウラスピNavi読者の女性の皆様にとって重要な、恋愛成就のための自己分析の一助に、“外格でわかるあなたの恋愛傾向”と題して、お話ししたいと思います。

姓名判断では、苗字の最後の漢字と名前の最初の漢字の画数を合計した“人格”、名前の画数を合計した“地格”、苗字の最初の漢字と名前の最後の漢字を合わせた“外格”、姓名を構成する全ての漢字の画数を合計した“総画”と呼び、基本的な運勢を観ます。

人間の持つ運はこれからが複雑に絡み合って影響を及ぼしていますが、この中で人間の恋愛傾向については、“外格”で診ることができます。

 


出典: Pixabay

“外格” の端数を間違えずに正しい数え方で計算することが必要

 

解説に際して、私の姓名を例にとりましょう。

 

八(8)●田(5)〇靖(13)〇彦(9)〇

 

“外格”とは姓の最初の漢字と名の最後の漢字の合計ですので、私の場合は『八』の8画(漢字には数意がこもるので、2画ではなく8画で数えます)と『彦』の9画を合わせて17画。つまり、今回のテーマである恋愛傾向に関しては、端数の“7”で診ることになります。

画数の計算に関して、私は“旧字体”の読み方を採用しています(さんずいは『水』を意味するので4画、ころもへんは『衣』なので6画、けものへんは『犬』で4画で数えます)。1画違うと運勢は大きく変わってきますので、ここは絶対に間違えずに、正しい計算で算出しましょう。

 

あなたの姓名の端数は、わかりましたか?

上記を踏まえ、今回は外格の端数が“1、2,3,4、5”の人を取り上げ、その数があなたの恋愛傾向にどのような影響を及ぼすかを、考察したいと思います。

 


出典:無料素材画像 写真AC

1は快活、2は不器用でロマンチスト、3は積極的・・・数字が支配する恋愛時の性格

 

外格の端数が“1”の人は、意思表示がはっきりしていて、自らリーダーシップをとってゆく快活な恋愛を好むタイプです。サービス精神が強く、毎回のデートの前に、しっかりプランを立てて、相手をどうやって楽しませようかと下準備を自ら楽しみながら考えます。一見、プライドが高くクールな印象を与えますが、両思いになったら態度は一変。温かい人柄を見せ、相手と心を通い合わせる努力を怠らないタイプです。

 

 

端数が“2”の人は、繊細でいじらしく、放っておけないタイプです。女性なら可憐で大人しい雰囲気が男性を魅了し、モテる方が多いようです。不器用で、恋に恋するロマンチストタイプなので自分から告白するようなことは苦手ですが、いったん両思いになると、恋は盲目で相手にひたすら尽くし、母性的な愛情を見せます。基本的に受け身なので、お相手から「自分と一緒にいて楽しくないのでは?」などと、誤解されないように注意しましょう。

 

 

端数が“3”の人は、肉食系で、好きになった相手には自らガンガンアプローチし、恋愛の相手には事欠かない、華やかな恋愛模様を送る人が多いようです。女性は母性が強く、溌剌として雰囲気でお相手を明るく包むので、一度おつき合いするとお相手との交際が長く続きます。おつき合いの途中でお相手から“女”ではなく“母親”のように見られることも多いので、それが重荷になってしまうと感じてしまう場合は、注意が必要と言えるでしょう。

 

 

端数が“4”の人は、芸能人のような容姿と華やかさで、告白される経験の多いモテモテタイプと言えるでしょう。思い立ったらすぐ行動で、ちゃきちゃきした性格でもあるので、容姿とのギャップに惹かれる異性が多いようです。妖艶な雰囲気を纏っているので、道を踏み外した恋や三角関係に陥りやすいとも言えます。その点は、注意が必要と言えるでしょう。誤解されないように、言葉や態度に気をつけることが肝要です。

 

 

端数が“5”の人は、ロマンチストで、情熱的な恋愛をする傾向があります。温厚で世話好きなので、多くの男性からアプローチを受け、選択に迷ってしまう場面もありそうです。少々ムードに弱い傾向があるので、悪い男性に騙され、お金を奪われたりするなど、後悔をする場面があるかもしれません。男性を見る目を、しっかりと養いましょう。

 

 

以上、今回は外格の端数“1,2,3,4,5”の方の恋愛傾向についてお話しました。

 

 

次回は、外格の端数“6,7,8,9,0”の人の恋愛傾向について、解説致します。

 

(了)

 

 

姓名学者・八田運命総合鑑定所主宰:八田靖彦

WRITTEN BY 八田靖彦

八田靖彦
幼少期より日本史に親しみ、日本語の持つ言語的特質に着目。独学で姓名学の研究に入る。 早稲田大学在学...