★占い好き集まれ! ウラスピナビ的メルマガ登録はこちらから!(無料)

◎携帯電話のメールアドレスを登録されている方は届かない例が増えています。 またメールアドレスを変更された際は、再度メルマガ登録手続きを行ってください。

苦手なネギを栽培する理由、ネギはうちの畑の優秀なお医者さんだから


photo by たっくんKT
ベジタリアンな私ですが、ネギやにんにくなどの刺激の強い野菜が苦手。なのに私たちの畑には長ネギがそこら中に植えられています。今回は「コンパニオンプランツ」のお話。食べないけれど、ネギにはすごーく助けられています。

  • コンパニオンプランツで、農薬要らずの成長促進・病気対策


photo by たっくんKT

害虫は、野菜の葉っぱを食べて成長を止めたり、遅らせたりします。病気になると枯れたりすることも。そこで大規模農業などでは農薬を使ったりするわけですが、オーガニックの野菜作りではそれはしません。

 

虫よけのため、あるいは成長を促すために用いる方法のひとつが、コンパニオンプランツです。

野菜にもさまざまな種類があります。ナス科、ウリ科、アブラナ科などなど。

例えばトマトやナス、ジャガイモはナス科。

キュウリやゴーヤ、カボチャはウリ科。

ニンジンやパセリはセリ科。

大根やブロッコリー、白菜はアブラナ科といった感じ。

 

科が違えば栄養の好みや性格、体質も異なります。そういった違う科の野菜同士を近くに植えるとどうなるか。例えばナス科で湿気を嫌うトマトの近くに豆科のエダマメを植えます。エダマメはよく水分を吸収し、土を育て、トマトの成長を助けてくれるのです。このようなお互いの成長を助け合う関係を”コンパニオンプランツ”と呼びます。

大規模な農業と違って、小さなスペースでいろんな収穫を楽しみたいときに、とっても助かる「混植」の考え方。コンパニオンプランツと言う呼び名も、野菜同士の助け合いを感じられて素敵ですよね。

  • 害虫も病害もよけるネギは、うちの畑には欠かせない優秀なお医者さん

そんなコンパニオンプランツの中で、うちの畑をガッツリ守ってくれているのがネギです。ネギの旬は冬ですが、実際一年中元気。抜いてそこら辺に転がしておいても生き生きとした状態。結構ひんぱんに引っこ抜いて、植える場所を移動したりしてますが、かんたんに根付いてくれます。他にはない生命力!

 

私たちに畑の色々を教えてくれた方は『ネギは栽培しやすいし、日本食には欠かせないから、がんばれば”ネギ御殿”が建つよ』とまで言っていましたね。最近になって、ホントにそうかもと実感しています。

 

ネギの匂いは害虫を寄せ付けません。

その根に共生する菌類で病気も予防してくれます。

ネギがいるから虫もよらず、病気にもならないで育ってくれた野菜が、私たちの畑にはたくさんあります。

食べるのは正直苦手なのですが、畑にとっては、なくてはならない存在です。

 

雑草にも、土を強くしているという意味で助けてもらってます。うちもいろんな植物が共生して成り立っている、オーガニックな畑のはしくれです。

  • カボチャの大当たりはネギのおかげ?


photo by たっくんKT

ネギとの混植、うちのカボチャには大助かりでした。

今年、私たちの畑一面を覆い尽くしたカボチャの躍進は、苗の時期に一緒に植えたネギのおかげも大きいでしょう。


photo by たっくんKT

おととし、梅雨が長引き、上がりきらない気温のなか、カボチャの収穫は9月に入ってようやく2~3個、小ぶりなのが採れたぐらいでした。今年も同じように遅く、長い梅雨でしたから心配しましたが、結果は画像の通り。植えた時期もよかったかもしれないのですが、まあ大当たり。2株でずっしり重たい実が10数個できましたからビックリ。近所に配りまくらないとどうしようもないほど収穫できました。

おかげで近所付き合いも円滑です♪

 

うちから1分も歩かないところに住んでらっしゃるシティボーイズの大竹まことさんに似ているダンディな方とは、このところ収穫の交換をよくさせていただいています。

先日は空芯菜、オクラ、ゴーヤをいただきました。お返しにはもちろんカボチャです。


photo by たっくんKT

コンパニオンプランツと言えばパセリも病害虫を寄せ付けないことで有名なんですが、先日、隣の畑の方から束でいただきました。両手で持ちきれないほど。正直どう使えばいいのかな?と。鉄分やビタミンが非常に豊富なのは知っていますが、いただいた時は若干困りました。

 

今回コンパニオンプランツのお話だったつもりが、結局カボチャなどの収穫自慢となってしまいました。それだけ、たくさんの収穫があると言うことは嬉しいことなのです。ですので、まだ家庭菜園を体験していない方には、ぜひともこの喜びを味わってほしいです。

規模の大小に関わらず、楽しい!がいっぱいですよ。

 

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT。

WRITTEN BY たっくんKT。

たっくんKT。
たっくんKT。 自然栽培で家庭菜園や小さな畑で野菜作りを楽しみつつ、ベジの食べ歩きを楽しんでいます...