★新月満月前夜に配信! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

人生を安定させる秘訣は姓名の“音”にありー音霊のサウンドパワーで幸運を呼び込もう(あ行篇)


出典: Pixabay
 

 一生を支配する“音”の吉凶・・・名前の音がその人の基本性格を支配する

 

新年度を迎えました。

コロナウイルス禍による新しい生活様式となって2年目に入りましたが、その猛威は衰えを見せず、経済的に苦しい状況に置かれている方も増えてきています。この未曽有の困難はまだ続く見込みですが、その一方で、進学や就職などで新しい環境に進まれ、希望と喜びで心に情熱が燃え盛っている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、年度も改まり新しい環境に身を置かれた方に向けて、同じ学校のクラスメートや会社の同僚が、どんな性格なのかを、名前に込められた“音”から探っていきたいと思います。

 

 
 

あすか、いくみ、うきょう、えみ、おさむ・・・毎日呼ばれ続ける“その名前”には、どんな意味が込められているか

 

新しい環境に身を置くと、まだ知り合ったばかりの人々に挨拶をすることになります。日本には“言霊”(ことだま)、“音霊”(おとだま)、“字霊”(じれい)といった概念があります。人間が放つ言葉、音、漢字には“霊”が宿り、現実の世界に影響を与えてゆくという考え方です。

 

音には“あ”から“ん”までありますが、それぞれに込められた音の影響は違ってきます。五十音順に全てを解説してゆきますが、第1回の今回は、まず“あ行”から触れたいと思います。


出典: Pixabay
 

“あ”は責任感強く真面目、“い”は流行に敏感、“う”は寂しがり屋で控えめ・・・あなたの周囲にいる人は、実はどんな性格?

 

“あ”で始まる名前の方

 

社会性に富み、責任感が強く真面目なタイプが多いと言えます。いつも勉強熱心で、堅実で常識的な考え方をします。ソツがなく、指導力もあり、どこにいても中心人物となる華やかさを纏っています。やや自分勝手で、独断で物事を判断する傾向があるので、他者との良好な人間関係を維持するには、コミュニケーションを密にすることを心掛けると良いでしょう。

 

※“あ”で始まる名前の例:あすか、あきこ、あやこ、あゆみ、ありさ、あんり、あきお、あきら、あつお、あきひと、あゆむなど

 

 

“い”で始まる名前の方

 

優等生で、テキパキと目の前の物事を無駄なく処理してゆく能力に長けています。知的好奇心が旺盛で、アンテナを張ってトレンドにも敏感な方が多いようです。仕事にも積極的に取り組み、斬新なアイディアを提案できるひらめきを持つことが多いでしょう。人あたりも良く、優しい性格なので目下の人望もありそうです。結果を早く求めすぎるせっかちな傾向があるので、その点は注意したいところです。

 

※“い”で始まる名前の例:いくえ、いずみ、いくみ、いぶき、いちろう、いさお、いっぺい、いっせいなど

 

 

“う”で始まる名前の方

 

控えめで寂しがり屋。思いやりが深い優しい人物ですが、一方でいつも愛に飢えていて、猜疑心が強いといった“闇”を抱えている部分も多いようです。基本的には陰気で優柔不断、物事に対して消極的なので、友達や仕事には恵まれにくい傾向があります。一方で、孤独な面を活かして勉強に打ち込み、学術面や芸術分野で大きな業績や名声を挙げる可能性もあります。几帳面で温厚な性格を活かせば大成できます。

 

※“う”で始まる名前の例:うたこ、うみ、うしお、うらら、うの、うきえ、ういちろう、うこんなど

 

 

“え”で始まる名前の方

 

長男・長女タイプで、親族や周囲から将来を嘱望されます。正義感が強く、弱い人を放っておけない、熱い一面があります。一方でユーモアに溢れ、人情家でもらい泣きするような優しい面もあり、多くの人から慕われます。社交性があり、おしゃれなので、パーティーやコンパなどの場に出掛けるとひと際目立ち、周囲から注目を浴びるでしょう。やや落ち着きがなく、また諦めが早く持続性に欠ける為、もう少しで目標を達成できる場面で投げ出したりしてしまうマイナス面がありそうです。

 

※“え”で始まる名前の例:えり、えみ、えりこ、えりか、えま、えいさく、えいいち、えいきち、えいすけ、えいじなど

 

 

“お”で始まる名前の方

 

性的な魅力を放ち、周囲の人々を魅了します。母性本能をくすぐるタイプで、幼稚園や小学生の頃から異性にモテ、華やかな恋愛遍歴を辿るでしょう。また早くから神童の誉れ高く、天才的な能力を発揮する場面があるかもしれません。目立つため、同性との真の友情は育てにくい傾向があります。社会に出た後は冷静で堅実、それでいて“華”のある存在として活躍します。最終的には大きな成功を収めることができますが、モテるが故の異性関係のトラブルには生涯、注意した方が良さそうです。

 

※“お”で始まる名前の例:おうか、おとめ、おとは、おりえ、おさむ、おとや、おきはる、おきのり、おおすけなど

 

 

以上、“あ行”の音霊について解説しました。

 

 

“か行”以降は、次回より断続的に解説してゆきたいと思います。

 

 

命名、改名の際には、ぜひ参考にして頂ければ幸甚です。

 

 

(了)

 

姓名学者・八田運命総合鑑定所主宰:八田靖彦

WRITTEN BY 八田靖彦

八田靖彦
幼少期より日本史に親しみ、日本語の持つ言語的特質に着目。独学で姓名学の研究に入る。 早稲田大学在学...