★占い好きのあなたへ! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

“鬼滅ネーム”の赤ちゃんへの命名に物申すー名づけは流行に振り回される勿れ

 

令和2年を席巻した『鬼滅の刃』という作品ーそのキャラクターから赤ちゃんの名前をとるのは是か非か

 

令和3年の幕が上がりました。
昨年はコロナウイルスの猛威により、私たちの生活様式が激変しましたが、そのような状況の中でも、たくさんの赤ちゃんが誕生しました。困難な時代はこれからも続くかと思いますが、どうかこれからの人生に幸多かれと願います。

出典: Pixabay
昨年、世に大ブームを巻き起こしたものと言えば、吾峠呼世晴原作の漫画、『鬼滅の刃』でしょう。
大正時代を舞台に、家族を鬼に惨殺された主人公・竈門炭治郎が、唯一生き残りながらも鬼に変えられてしまった妹・禰豆子を人間に戻すため、鬼との戦いを繰り広げるというストーリーです。

 

10月に公開された映画「『鬼滅の刃』 無限列車編」は、累積観客動員数が2250万人、累計興行収入が300億円を突破するなど、コロナ禍によるエンタテインメント不況が叫ばれる中、空前の大ヒットを記録しました。

 

この社会現象ともいえる“鬼滅ブーム”から派生し、最近は生まれてきた赤ちゃんに、“鬼滅ネーム”を名付ける若いご夫婦が多いと聞きます。

 

前回の当コラムでは、富岡義勇が「那田蜘蛛山」の鬼・塁との戦闘で使用した拾壱ノ型の“”について軽く触れました(『令和3年に出産を予定しているご夫婦へー“この画数、この部首”を選んで赤ちゃんへ名前のプレゼントを』参照)が、反響が大きかったので、今回は『鬼滅の刃』に登場する主要キャラクターの姓名判断を行い、実際に赤ちゃんの命名にふさわしい名前なのかを、解説してゆきたいと思います。

 

 


出典:無料素材画像 写真AC

炭治郎、善逸、義勇、杏寿郎、蜜璃・・・実際に命名した場合、どんな人生を送りそう?

 

今回は、主要キャラクターの中でも、特にリアルでの命名に使用されそうな名前を取り上げます。また、家の苗字はそれぞれに違うので、今回は名前のみで構成される“地格”の画数の良し悪しで、名前の吉凶を判断します。

 

 

1. 竈門 (9)〇治(9)〇郎(14)  
(
かまど たんじろう/地格32=大吉)

鬼滅の刃の主人公・竈門炭治郎は、鬼に変えられてしまった妹・禰豆子を人間に戻すために奮闘するヒーローです。最終決戦では、右目と左腕を失いながらも、無惨を消滅に追い込みます。

 

『炭治郎』は地格32で大吉。明晰な頭脳と抜群の行動力で目標に向かって真一文字に突き進み、中年以降は社会で飛躍します。個性が強いため、自ら会社経営などすると吉です。鼻っ柱が強く満足を知らないので、欲深さを抑えることが成功の秘訣と言えるでしょう。

 

ただ、『炭』の字は“崖が削り取られたさま”と“炎が燃え尽きるさま”を表した象形が元です。物事が成就しにくい暗示がありますので、リアルでの命名には不適と言えるでしょう。

 

 

2. 我妻 善(12)●逸(14)●
(あがつま ぜんいつ/地格26=大凶)

雷の呼吸の使い手で炭治郎と同期でもある盟友・我妻善逸も、作品内で非常に人気があるキャラクターです。最終決戦では片足が機能停止となるも、無惨を日の出に追い詰める活躍を見せました。

 

『善逸』は、地画26で大凶です。人生のアップダウンが激しく、大成功を収めたかと思えば、時間を置かずに奈落の底に落ちる人もいます。感情にムラがあり、男女関係でトラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

 

『逸』は、ウサギが逃げるさまを表した象形から、“はぐれる、失う”の意味があります。赤ちゃんへの命名に際しては、絶対に避けるべきと言えます。

 

 

3. 冨岡 義(13)〇勇(9)〇
(とみおか ぎゆう/地格22=凶)

“水柱”であり、炭治郎を鬼殺隊へと誘った義勇は、冷静ながらも人情味溢れるキャラクターで人気があります。名前を構成する“義”と“勇”が人名でよく使用されるポピュラーな漢字からか、昨年から“義勇”と名付けられる赤ちゃんが増えてきているようです。

 

『義勇』は、地画22で凶です。この名前を持つと、幼少期から自己中心的な性格になり、大言壮語を吐くも実現する能力に欠けるので、人生がなかなか思い通りにはいきません。家庭運、健康運も弱い傾向があります。

 

『義』は、神様への生贄として捧げる羊を、ギザギザの刃があるノコギリで殺すさまを表した漢字です。その影響か、性格も激しやすかったり、自分にも他人にも厳しいといった特徴が見受けられます。やはり、命名には避けた方が賢明と言えるでしょう。

 

 

4. 煉獄 杏(10)●寿(14)●郎(14)●
(れんごく きょうじゅろう/地格38=吉)

炎の呼吸の使い手で、『無限列車編』では大車輪の活躍を見せた煉獄杏寿郎も、鬼滅の刃を代表するキャラクターです。最後は上弦の参・猗窩座との戦闘に散りましたが、その人間愛と責任感に溢れたキャラクターは、大きな人気を得ています。

 

『杏寿郎』は、地格38で吉です。専門分野、技術面で抜群の能力を発揮し、組織のナンバー2、女房役として活躍します。

 

画数は申し分ありませんが、“ジュ”という濁音が名前に入るので、人生に“濁りが生じる”という意味で波乱が起きる可能性があります (『命名・改名の“掟”……人名に避けたいタブーを押さえておこう』参照)。その点は注意したいところです。

 

 

5. 甘露寺 蜜(16)●璃(14)●
(かんろじ みつり/地格30=小吉)

“恋の呼吸”の担い手で、日輪刀を使いこなす甘露寺蜜璃は、キュートな外見と“自分がありのまま居られる場所”として鬼殺隊を誰よりも愛する姿勢で、やはりファンの絶大な支持を受けています。昨年は、生まれた女の子の赤ちゃんに“蜜璃”と名付ける例が増えるなど、実際に作品の影響力が出てきています。

 

その『蜜璃』ですが、地格が30で小吉となります。“すべて水泡に帰す”の意がある“ゼロ系数”でもあり、どんなに努力しても成功を掴めない、目標に到達できないといった暗示があります。浮き沈みが激しく、用心深いので他人を容易に信用しません。困難にぶつかると、逃げてしまいチャンスを逃す傾向もあります。

 

ですので、この名前を命名に使うのは、避けた方が良いでしょう。

 

 

以上、鬼滅の刃の主要キャラクターより、実際の命名に使用される可能性の高い名前を選び、姓名判断してみました。

 

 

一つ言えることは、赤ちゃんの命名は奇を衒わず、流行に左右されず、しっかりと語源、字源の良い漢字、姓とのバランスから良い画数を選抜し、愛情を持って名付けることが重要ということです。

 

 

これからお子さんの誕生を控えておられるご両親におかれては、ぜひ、上記を参考にして頂ければ幸甚です。

 

(了)

 

姓名学者・八田運命総合鑑定所主宰:八田靖彦

WRITTEN BY 八田靖彦

八田靖彦
幼少期より日本史に親しみ、日本語の持つ言語的特質に着目。独学で姓名学の研究に入る。 早稲田大学在学...