体調不良の原因は夫…?夫源病から抜け出す唯一の方法


出典:無料素材画像 写真AC

夫源病(ふげんびょう)とは、夫の言動が原因で、妻の心身に不調が起こることを指します。これは、医師である石蔵文信氏が作った言葉です。

正式な病名があるわけではありませんが、放置しておくとうつになってしまったり、不眠症や胃潰など心身に不調が表れてしまったりすることがあります。

一般的に、以下のような症状が起こった場合、夫源病を疑ってみることをおすすめします。

夫源病の症状
□夫の帰宅時間になると、腹痛や頭痛、動悸などの体調不良が起こる

□休日など夫が家にいるだけで、体調不良になる

□夫のことを思い出すだけで動悸やめまい、体調不良が起こる

□夫が出張の間は体調が良好だったが、帰ってきたら体調不良になった

あくまで、一般的に言われていることになります。他の症状でも、『夫源病』に該当することもあるかもしれません。

この記事では、『夫源病』の原因や体験談、なってしまった場合の対処法についてご紹介します。

夫源病になりやすい3つの状況

夫源病は、医学的な根拠がなく、原因についても実証できているわけではありません。しかし、なりやすい状況を大きく分けると以下の3つが考えられます。


イラスト by 離婚弁護士ナビ

夫源病の大きな原因は、夫からの精神的暴力と考えられます。

これは、夫から暴言(モラハラ)だけではなく、病気になったときでも夫が家事や育児に非協力的なため、つらいのに強制させられたことなども含まれるでしょう。

また、もともと妻がストレスを感じやすかったり、周囲に頼る人がいなかったりする環境も原因の1つと考えられます。

夫から受けたストレスをうまく発散できないと、知らずしらずのうちにたまり、限界を超えて心身に影響が出てしまうのかもしれません。

東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

「夫源病…?」と思ったらとにかく夫と距離をおく


出典:無料素材画像 写真AC

夫が大きな原因なので、とにかく距離をおくことが大切です。しかし、いきなり離婚を決断するのは難しいでしょう。

なので、まずは別居からはじめてみてはいかがでしょうか。できれば実家に帰り、心身が安定するまで頼れる人の元にいることをおすすめします。

また、子供のために別居すらできない人は、旅行や出張など理由をつけて2、3日でもよいので家から離れてみましょう

まとめ|どうしたらよいのかわからなくなったら心療内科へ

今後、どうしたらよいのかわからなくなってしまった方は、心療内科のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

病院でなくても、ご自身の住居地の市区町村役場では、曜日によって家庭の問題について相談を受け付けています。1人で悩まず早めに相談することをおすすめします。


東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

WRITTEN BY 離婚弁護士ナビ

離婚弁護士ナビ
https://ricon-pro.com あなたの新しい人生を親身にサポート!