前回、怖がらないで! 「呪」とは本来、人間の○○のことにて、人は呪シュをもって生まれてくるとお話しました。
「呪・シュ」とは魂の宿題です。それは今世で乗り越えたい課題や、体験したいことを指している。「呪・シュ」とは「縛るもの=制限」であり、自ら外していけるものなのです。

takebe_kareshiinai_tp_v

「呪・シュ(制限)」はどのように外していくのか?

一番簡単な方法は「自分と繋がること」なんです。
自分つながるとは、自分の本音を知ることころから始まります。
地味だと思いました?たしかに地味だし根気も必要になりますが、これが一番強力だと思っています。あなたの内なる力は無限のポテンシャルを秘めているんです。

自分の求めているものに気づくこと。
自分の望みを知ること。
自分の本音に気づくこと。

理想(思い描いてきた自分)と現実(素の自分)のギャップが大きいほど、降り幅も大きくなり、しんどさもありますが、そこから抜けたときの軽やかさは言葉では表現できないくらいです。

自分の本音に気づくにあたり段階がある?

本音は感情の後ろに隠されています。まずは表層に浮き上がってきた感情を感じきることから始まります。
それらは怒りや憎しみ恨みかも知れません。おおよそ普段見ないように蓋をしてきたものたちです。

ここで大切なのは湧き上がる感情を「ジャッジ(判断)」しないこと。
ネガティブな感情があっていいんです。思考で判断するのではなく、ただ感じ切ってください。
「ああ、怒っている」それだけいいんです。

その感情の波が消えた後には、今度は悲しみや寂しさ、孤独といった感情が浮かび上がるかもしれません。それもただ感じきってください。

そのあとに「本音」が浮かび上がってきます。

「本音」を知ればありのままで生きられる

その本音とはすごくシンプルなもの。
散々、悩み苦しんできたものの正体がこんなささやかで小さなものだったかと驚くかもしれません。本当の欲求とは、ごくシンプルなものなのです。
どんなものが沸きあがったとしても、正当化や理由づけはいりません。ありのままを許容する。

気づくことで「呪シュ(制限)」が浄化され
受け止める(許容)することで「呪シュ(制限)」が外れます。

呪シュが外れる瞬間、すぅ~と体が楽になったり、心が安らぎと平安に満たされます。
そのなかで訪れる様々な気づきは、今後の人生への大切な道しるべとなるでしょう。

いま問題に直面しているのであれば、それは「呪シュ(制限)」を外すチャンスかもしれません。

WRITTEN BY タカダ メグミ

タカダ メグミ
珈琲をこよなく愛するオンナ。 ボディからのリーディングを得意とする。「心と魂と体=三位一体」心(思...