キリストの復活祭、イースター。2017年は4月16日。

クリスマスと並んでキリスト教最大の祝日と言われています。

日本だと、様々なイベントでイースターという単語は耳にすることがありますが、実際どんなものであるかは日本人にとってはなじみが余りありません。

ということで、今回はヒーラーの梛木 赫(ナギ・アキラ)がイースターについてお話いたします。
33cfee206b6608ccf9a81516b947caba_s
出展:無料写真素材写真AC

イースターってどんなもの?

ec22b10a1ed66fbee9814447a41bc4ad_s
出展:無料写真素材写真AC

キリストがゴルゴタの丘で十字架にかけられ処刑にあった後、死を乗り越えて三日後に復活されました。

イースターは、この復活された事をお祝いする行事なので、キリスト教では生誕祭であるクリスマスと並び、復活祭であるイースターが最大の祝日となっております。

日本語では復活祭や復活節とも呼ばれています。

イースターエッグやイースターうさぎって?

4e195aac6d3330e49bcfc47e72c94b25_s
出展:無料写真素材写真AC

イースターというと、卵の殻にカラフルな絵が描かれた、イースターエッグが浮かぶと思います。

キリストが復活された様子をなぞらえているのが、このイースターエッグです。

ひよこが卵の殻を破って出てくる様子と、キリストが死を乗り越えて、生死の殻を破り復活されたことを象徴していると言われています。

また、このイースターエッグはイースターうさぎが運んでくると言われ、沢山子供を産むうさぎは古代より豊かな生命と繁栄のシンボルとされています。

この事から、イースターエッグと共に、うさぎをかたどったチョコレートなども一緒に飾られたりしています。

飾られたチョコレートのうさぎやイースターエッグは、集まった家族や親しい友人とプレゼント交換されます。

また、卵もチョコレートで出来た卵も多いので、子供たちには大人気とか。

イースターの名前の由来は、春の女神!

3607a3f97e278b574f9c1cf834b9b5e1_s
出展:無料写真素材写真AC

キリスト教は広めていく過程において、その土地土地に伝えっていた風習を取り込んでいっています。

北欧神話の春の女神である、「エオストレ」をアングロサクソン系の人々は祭っていて、本来はキリスト教とは関係なかったものを、キリスト教布教の際に意味を変えて普及させたとも言われています。

うさぎが関係しているのは、このエオストレが野うさぎを従えていたことからだという説もあります。

ローマ教皇であるグレゴリウス1世は、ヨーロッパの古い宗教を積極的に取り入れていました。

所説ありますが、その中でも北欧の厳しい冬が終わり、草木が芽吹いて動物も子どもを沢山生むという、冬から春への移り変わりが、キリスト復活のイメージと重なったことから、復活祭をこの時季に取り入れたそうです。

イースターだけでなくキリスト教の祝日は様々な由来があるので、由来を踏まえた上で楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
梛木 赫のポータルサイトはこちらから。

WRITTEN BY 梛木 赫

梛木 赫
名前:梛木 赫(ナギ・アキラ) 経歴:2012年よりとあるきっかけから過去世を見るようになり、 ...