早咲きで知られる川津桜も満開を迎え、いよいよ南は九州から桜前線の到来となります。

ぷっくりと膨らんだ桜の蕾もほころび始める頃。少し薄手のコートをひっかけて春の空気を感じにお出掛けしませんか?

日本のお花見の起源

PAK85_ninasakura20140308_TP_V

お花見の起源古代日本の神事が始まり。

神が宿る木として、春の訪れとともに花を咲かす桜の下で、その年の豊穣を祈り、穀物の出来を占った儀式から来ています。

始まりは山桜だったと言われています。時を経て、平安時代には貴族の間で花を眺めながら唄を読む「花宴」が嗜まれ、現在のお花見の元型になりました。

当時はでしたが、徐々に桜を愛でるようになり「花」は桜を指す言葉になりました。

桜の由来も諸説ありますが、神霊を表す(耕作の神を表すとも)「さ」と座を表す「くら」と合わせて「さくら」と呼ぶ、なんて説も。

桜のその可憐な美しさと、咲く時間の短さ、散り際の華やかさは人の命に例えられ、「散華の美学」は武士道に現わされています。

散る桜の潔さ称え、美しさと観る心は日本人のなかに、いまも脈々と受け継がれているのです。

だからこそ時代を経ても尚、こんなにも桜は愛され続けているのです。ちなみに日本の国華は「桜と菊」なのですよ。

お花見は高貴な楽しみから庶民の娯楽へ

今から500年余前に、晩年の豊臣秀吉が醍醐寺にて催した盛大な花見の宴。そのために700本の桜を植えた逸話は有名ですよね。

さて高貴な方々の楽しみであった花見が、一般庶民の春の行楽として広まったのは江戸時代に入ってから。

園芸が盛んに行われ、桜の交配が進み、観賞用の品種が増え、様々な場所に桜が広まりました。

歴代の江戸将軍たちも、庶民のためにと上野や隅田川沿いや飛鳥山などに桜の名所を作っていきました。

現在も、そのころに植えられた桜を眺めることが出来るのです。

桜と富士山が一度に愉しめる新倉冨士浅間神社

今回ご紹介するのは、桜と富士山が一度に愉しめる、絶景の山梨県富士吉田市の新倉冨士浅間神社。
2

境内一帯には300本の桜が植えられ公園にもなっている名所なのです。

まず本殿への階段を上り切り振り返ると、朱色の鳥居越しに桜に囲まれた富士山の姿が。
3

醍醐味はさらに400段ほど登った先にある公園中腹。参道、階段の両脇から咲き誇る桜を楽しみながら登りましょう。さぁ、そこには鮮やかな忠霊塔が。

そこからの絶景に息を飲むでしょう。展望台があるのでそこに向かってくださいね。ちょいとコツがいりますが、冨士山、桜、忠霊塔とのさらなる絶景を眺めることができます。

斜面は足場が悪いので歩きやすい靴を。富士山から続く気脈は日本中を巡ります。

その富士山を中心に北と南にそれぞれ冨士浅間神社(本宮と北口)があります。新倉と合わせてご参拝を是非!
1
この春は、日本の平和と平安の祈りを神社やお寺にいかれた際にはどうぞ捧げて下さい。皆さんに更なるご加護がありますように。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ウラスピNAVI・パワスポお花見会・参加者募集!】
感度高い大人女子の「気になる」をギュッと凝縮した情報を発信サイト、ウラスピNAVIにて。都内のパワースポットでのお花見会を致します。
ウラスピナビのコラムを連載しているヒーラー、占い師と直接交流できるチャンスです!
都内のパワースポットでパワーチャージしながら桜を愉しみ、交流しませんか?
参加希望の方は下記のフォームから、【お花見参加希望】と書いてお申込み下さい。

日時:2017年4月3日(月)13時~15時
場所:都内某所
参加費用:無料
お花見参加者申込みはこちら

WRITTEN BY タカダ メグミ

タカダ メグミ
珈琲をこよなく愛するオンナ。 ボディからのリーディングを得意とする。「心と魂と体=三位一体」心(思...