世の女性を密かに悩ませるのが、セックスでAVの真似をする男性です。

セックスはそういうものだと思い込んでいる男性もいるでしょうし、AVはエンターテイメントだと分かっているけれど、実際に同じようなことをしてみたいという男性もいるでしょう。

どちらにしても、多くの女性はAVと同じことをされるのに戸惑い、セックスの悩みは尽きません。
93aef1e2f64c5e235b25ae76230a991d_s

出展:無料写真素材写真AC

AVの影響か、好みの問題か

好みとは、さまざまなものに触れて馴染むことで形成されてゆく部分があります。

今の芸能人のメイクや髪型などが良く見えて、昔のものはどこか笑えるのも同じ原理です。

AVを見ることで、AVという小さなローカル文化圏内での価値観に慣れ親しみ、独特の好みや興奮が形成されます。

ほとんどのAVで必ず出てくるプレイなどがあると、それが普通に感じるようになり、セックスでもそれを平気でしてしまうわけです。

実は自分がどこまでAVの影響を受けているのか、自覚していない男性がほとんどではないでしょうか。

セックスはもはや異文化コミュニケーション

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s
出展:無料写真素材写真AC

女性はAVにそれほど慣れ親しんでいませんから、AVは違和感のオンパレードです。

AVを見る男性と見ない女性では、形成された感性も違いますし、何に興奮するか、どんなプレイを楽しいと感じるかも違います。これはもはや男女における文化の違いです。

いくらAVが男性向けエンターテイメントだと分かっていても、AVに慣れ親しんでいる時点で、「ああいうことしてみたい!」という価値観を多少なりとも植えつけられますし、AVのように過激だったり、技が豊富だったりが良くて、装飾のついていないセックスは味気ないという感覚が育つでしょう。

そういう男性と、AVに違和感を感じる女性とのセックスが噛み合わないのは当然です。

女性もAVに影響されている

実は女性もAVに影響を受けているところがあります。

たとえば喘ぎ声は、自然と出るようになるというより、どこかで聞いたことがあるから、それを真似して出せるようになるものです。

国によって喘ぎ声が違う理由の1つは、聞いたことのある喘ぎ声が違うからです。

もし一度も、セックスの喘ぎ声を聞いたことがない日本人女性がいて、その人がセックスする時、いかにも日本人女性らしい喘ぎ声を出せるかというと、おそらく無理でしょう。

はじめて聞く喘ぎ声がAVとは限りませんが、女性も知らないうちにAVの影響を受けていて、それを自覚していないこともあるということです。

受け入れられないものに挑戦してみる

嫌なものがあるとか、違和感があるというのは、自分はこういう人間ですという枠組みを決めてしまっていることになります。

好き嫌いを重視しすぎると、人生は先に進みません。今の自分の枠を超えてしまえば、新しい自分を発見します。

セックスに限らず、何でもそうですね。ですから相手の男性が望むなら、安全な範囲で、AVのようなセックスに挑戦してみるのも良いでしょう。

また男性も、枠を超える女性を見たくて、超えさせようとするかもしれませんが、それも男性の枠です。お互い枠だらけで、押したり引いたりしているわけです。

男女という両極のものが合わさろうとする時は、お互いの枠を少しずつ壊して歩み寄ることが大切ですね。

男性にどう伝えたら良い?

8532ac9e2a2fcbf13eb6fdc82076245b_s
出展:無料写真素材写真AC

それでは、お互いに歩み寄り、思いやりを持った上で、それでもAVのようなプレイは嫌だと伝えるには、どうしたら良いでしょうか。

大切なのは、「AVみたいなことをするあなたがイヤ」なのではなく、「AVみたいなことがイヤ」だと伝えることです。

どんな言い方をしても、相手の男性が何に傷つくかは計り知れないことですから、思い悩んでも仕方ありません。ただし、相手を否定しているように聞こえる言い方はやめたほうが無難です。

たとえば「AVの見すぎみたいなプレイはイヤなんだけど…」ではなく、「○○くんのことは大好きなのだけれど、ああいうプレイは苦手なんだ……」などです。

嫌だと思いながらセックスに付き合うのは、相手に失礼ですから、上手に伝えて、お互いに楽しいセックスができるよう心がけましょう。

WRITTEN BY 森川 七樹

森川 七樹
もりかわ なつき。 元ソープランドで働くソープ嬢。 また、10年以上の主婦経験もあり、家を守...