立春が過ぎ、寒さはありますが、日差しに春を感じるようになりました。梅も咲き、日々日が伸びているのを感じますね。

春分までの夜の時間が長い時には、内省をするのにはとてもいい時間だと知っていますか?

今回は、ネイティブアメリカンに口伝伝承されている「大地の智慧」から、2月21日から3月21日まで時期の過ごし方、ギバムーン最後のパートをお伝えします。
15789f5f7b40303d6137e36f9c8d6028_s

○11月21日から春分の日までの4ヶ月〜キバムーンという時期

ちょうど1年前でしたが、約45,000年前のマヤの時代に生まれ、ネイティブアメリカンを始めとする人々に口伝伝承された、人がより幸せに力強く生きるための「大地の知恵(自然がもたらす知恵)」の集大成であるデリケット・ロッジ・ティーチングのイントロダクションのリトリートに参加しました。

この教えは、数千年も前からキーパー(教えを守る人)と弟子と言う師弟関係により継承されてきたものです。そのキーパーから直接教えていただきました。

自然界では、冬になると熊や爬虫類が冬眠するように、春分の日までの冬の時期は春に向けての準備をする時期なのだそうです。

11月21日から3月21日までのこの期間を「キバムーン」というそうです。

キバムーンの時期には1ヶ月ごとに過ごし方があります。

○2月21日から3月21日までの期間の過ごし方

キバムーンが始まった11月21日から12月21日までは、「一年を振り返りって感謝して手放す時期」でした。
12月21日から1月21日までの期間は、「夢が現れる」時期でした。
そして、1月21日から2月21日までは、「夢を検証する」時期でした。
キバムーンの最後の時期にあたる2月21日から3月21日までは「戦略を立てる」時期です。

夢を検証して、それが何かがわかったら、それを実現するため「何をしたらいいのか」戦略を立てます。

○戦略とは、夢を夢で終わらせないもの

165e43d57a31904af19340a54e61fd19_s
「戦略」なんて言うと、何かものすごいことをやらなければならないのではないか、と思ってしまう方もいるかもしれませんね。

例えば、「英語を話せるようになりたいなぁ」という夢を思い描いたとして、そのままでいたら実現の可能性はどれくらいだと思いますか?

思い描くだけで、何も行動をとらなければ、いつまで経ってもその夢は叶うことはないでしょう。

だから、ここに戦略が必要となります。

・ 英語を話せるってどんな状態なのか?(どんな人と、どれくらいのレベルで、どんな会話ができればいいのか、等)

・ そのために何をすればいいのか?(1日ワンフレーズ覚える、毎日英語に触れる時間を作る、英語のスクールに通う、等)

何をすればいいのかが明らかになると、実際に行動に移しやすくなりますから、あなたの描いた夢が実現する可能性が開けます。

大切なのは、実際に行動に移すことなのです。

○何をすればいいのか? という目標を決める時のチェック方法

5719b6c503552821b6ec48f2eefb60a5_s
「こうだったらいいなぁ」ということがあって、「こうすればいいんじゃないか」とわかっていたとしても、なかなか実行に移せないという経験がある方もいるのではないかと思います。

それは、もしかしたら、やりたくないことを目標にしているからかもしれませんよ。

夢に戦略を立てる時に、知っておいた方がいいチェック方法をお伝えしますね。

それは、SMARTゴールというものです。

英語の頭文字をとってSMARTと読ませているのですが、このSMARTにもいろいろとあります。

今回お伝えするのは、私が学んだコーチ養成機関で教わったSMARTをお伝えしますね。

Specific  (具体的)
Measurable (計測可能な)
 Accountable (他者が確認可能な)
 Resonant  (ワクワクする)
 Thrilling  (達成できるかスリルのある)

特に大切なのは、「Resoonant・ワクワク」するか、です。

こうすれば、こうなるから、やらなきゃなーと頭で考えていても、それは実際にやるでしょうか?

それよりは、どんなことでもいいですから、ワクワクすることに焦点を当てて戦略を立ててみてください。

そうすれば、春分にはスタートダッシュができるかもしれませんね。もしかしたら、それを待たずしてスタートしちゃっているかもしれませんね

この冬に描いた夢の種が大きく育って、素敵な実がなることを祈っています。

WRITTEN BY 深井 沙織

深井 沙織
一卵性双生児で生まれたので、幼少期から「自分の存在とは何か?」ということに興味がありました。 人生...