日が一日ずつ長くなってきましたが、3月の春分の日は春のお彼岸です。

今回は、春と秋に行われるお彼岸についての由来と、現代社会でのご先祖様への感謝の方法をお伝えいたします。

お彼岸の由来は仏教から!

fe5a70e92ba0c643e596ef20a774f705_s
2017年の春のお彼岸彼岸入りが3月17日(金)、彼岸の中日(春分の日)が3月20日(月)、彼岸明けが3月23日(木)になります。

春分の日には太陽が真東から上って真西に沈むことから、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

仏教では、昼と夜の長さが同じになるので、彼岸(あの世)と此岸(この世)が通じやすくなると考えられておりました。

その為、ご先祖様をお彼岸に供養するようになりました。

仏教や神道では、日の出ている時間を生者のための時間とし、日が沈んでからの時間を死者の為の時間とする考え方があります。

ですので、ちょうどその中間であるお彼岸のシーズンは、あの世とこの世が繋がり安いと考えられたのかもしれませんね。

ご先祖様の法要やお墓参り……なかなか行けないけどどうしたらいい?

5ad9d9314703aa007631a7ca85556c95_s
様々な事情からなかなかお墓参りに行けない方も少なくはない昨今ですが、行けていないのは気になる方もいらっしゃいますよね。

あの有名な「千の風になって」の歌詞の中にもある通り、お墓には死者の魂はいません。お墓というのは基本的には形です。お骨にも死者の魂は宿っておりません。

ですので、ご先祖様にお祈りをするのは実は自宅でお祈りをしても良いのです。勿論、仏壇がなくても全然かまいません。

基本的にお彼岸はご先祖様をしのぶ日なので、場所においては限定条件はありません。

昔ながらのお彼岸を大事にしていてお墓の近隣に住んでおり、必ずお墓参りに行かなくてはならないというご家庭でしたら別ですが、なかなか出向くことが出来ないようでしたら、この方法もあるということを心の片隅にでも留めておいていただけると、ご先祖様も喜ぶと思います。

また、ご先祖様に感謝をささげることで、今の自分に対しての加護も高まりますので、お彼岸だけでなく、普段から寝る時にでも、「今日も一日ありがとうございました。」と、ご先祖様にお伝えすると良いですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
梛木 赫のポータルサイトはこちらから

WRITTEN BY 梛木 赫

梛木 赫
名前:梛木 赫(ナギ・アキラ) 経歴:2012年よりとあるきっかけから過去世を見るようになり、 ...