パワースポットを巡る旅、新春第二弾は都内屈指のパワースポットである靖国神社をご紹介致します。
yaskuni1
靖国神社は歴史的に様々な立場の見解があり、複雑に絡み合っています。

不快に感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、ここでは歴史的見解には触れません。

今が靖国という神社のご紹介をする機会だと感じています。

幕末の英雄、坂本龍馬も祀られている靖国神社

靖国神社は明治2年に明治天皇の思し召しにより建てられた、比較的新しい神社です。
yasukuni2
国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。

幕末以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役、日清戦争、日露戦争、満洲事変から太平洋戦争に至るまでの戦没者246万6千余柱の方々が、男女の区別なく祖国に殉じられた尊い御霊として祀られています。かの坂本龍馬もここで祀られています。

創立当時は東京招魂社と称されていましたが、明治12年の改称により「靖国神社」となりました。

靖国の社号も明治天皇の命によるもので祖国の平安と平和な国家を建設するという願いが込められているそうです。

徳川家康が幕府を開くとき、江戸を設立するさいに風水的な備えをした事は有名ですよね。

靖国神社を中心に東西南北を見た時に、あるラインが作られます。ここ靖国神社も「守護」としてこの場所に特別に建てられ街づくりがなされた、そう感じているのです。

都内屈指のサンクチュアリ

靖国神社は都心にありながら、東京の聖域(サンクチュアリ)と呼べる場所です。
yasukuni3
大鳥居をくぐり、参道を抜け、本殿に進むと、暖かく包み込まれるような清らかで柔らかな空気に触れることが出来ます。

父性を感じさせる、優しさと慈愛に満ちた波動です。

純粋で昇るようなエネルギーは「子々孫々が健やかであるように」という祈りそのもの。境内には東屋やベンチがありますから、ゆっくりとこの場の空気とエネルギーを味わってみて下さいね。

あなたにとって必要な気づきが、きっと訪れるはず。

春には桜の名所として賑わう

ちなみに靖国神社は「桜の名所」でもあります。

東京の桜の開花基準となる標本木があるということはプチ情報として。

境内には遊就館があり、武具甲冑やご遺書、ご遺品、ゼロ戦などの多くの資料が展示されています。「靖国の神々」と題された展示室には是非足を運んでください。

何をどう感じるのか、それは実際に足を運び自身の目で見て肌で触れて初めて体感できるもの。あなただけの体験を体観してみませんか?

そうそう! 遊就館の一階にあるカフェでは明治41年に考案されたレシピそのままの「海軍カレー」が食べられます。

当時の味をお楽しみいただけますよ。敷地内には日本庭園などもあり、ぐるり散策も気持ちがいいですよ。

一度は訪れて頂きたい靖国神社、この機会にぜひ。

靖国神社
yasukuni

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月5日(日)開催!
【美と豊かさに目覚める1day♡】〜イシュタル〜
詳しくはこちら



WRITTEN BY タカダ メグミ

タカダ メグミ
珈琲をこよなく愛するオンナ。 ボディからのリーディングを得意とする。「心と魂と体=三位一体」心(思...