いよいよ今年も残すところわずかとなりました。

2016年はこれまでの頑張りが形になっていく年でした。

これまで気づかなかったことに気づいたり、目的を見直したり、新しい発見や展開を迎え、環境が大きく変化した方も多かったのではないでしょうか。

2016年の今年を振り返り、精神的にも肉体的にもハードだったとお感じであれば、来る年を気持ちよく迎えるためにも、五行のエネルギーをたっぷり含んだ地球からの贈り物、温泉で心身ともにエナジーチャージを!
%e7%84%a1%e9%a1%8c3

温泉大国日本で生まれた温泉文化

日本は四方を海で囲まれた火山大国です。

古来より水辺は神聖な場所とされ、温泉は病や怪我を癒す不思議な水として親しまれてきました。

今で言う温泉療養の「湯治」もはるか昔より行われてきたんです。独特な入浴文化を築き、仏教でも「病を退け幸せを招来する」という教えがあるほど温泉をとても大切にしてきました。

日本国内の温泉地は3000程ありその総数は世界にも誇れるほど。バリエーションに富んだ湯質も魅力のひとつ。さすが火山大国、日本ですね!

初日の出はなぜ縁起が良い?

さて、間もなくお正月を迎えますが、なぜ元旦の初日の出が縁起がよいのかおさらいを。

神道では元旦の一番初めの朝日と共に「年神様」が降臨されると信仰されてきたからです。

正月様、歳徳神とも呼ばれる年神様は穀物の豊穣を司る神様。元旦の日の出とともに各家にやってくる来訪神で一年の幸せをもたらすと言われています。

その年神様をお迎えする準備が「すす払い(大掃除)」や「門松」「しめ縄飾り」なのです。

ちなみに鏡餅が年神様のご神体となり、おせち料理はお供えになります。

現在では大晦日の夜から見晴らしの良い場所に赴き、元旦の朝日を愉しむ人が増えてきました。

年神様を積極的にお迎えにいく、それが「初日の出」を拝むことなのです。

新年の禊(みそぎ)はぜひ温泉で!

hotel_782715104755-thumb-autox1600-16114
神道でも身を清め、癒し、幸せを招くとされた湯につかる文化。

地球からのエナジーがたっぷり含まれた温泉のご利益に浸かりながら、初日の出が観れるスポットがあるってご存知でしたか?

全国には元旦の早朝から営業している温泉が多くあります。2018年の始まりを、海からの、または山から昇る初日の出を拝みながら迎えるのはいかがでしょうか?

初日の出をお風呂から眺められる有名なスポットで有名なのは、山梨県の「ほったらかし温泉」ですが、群馬県や長野県、静岡県、茨城県等々、元旦早朝から入浴できる温泉は全国にまだまだあるのです!

初日の出を眺めながら温泉に浸かれる山梨県ほったらかし温泉

混雑は予想されますし、場所によっては外気の寒さに打ち勝つ気合と、日が昇るまでの忍耐が必要なこともある、と先にお伝えしておきます。

湯につかることは禊(みそぎ)でもあります。温泉に入りながら昇る初日の出を拝む、神聖な天と地のパワーを全身で浴びる素晴らしさを感じて下さい。

2017年は特別な新年を迎えてみませんか?



WRITTEN BY タカダ メグミ

タカダ メグミ
珈琲をこよなく愛するオンナ。 ボディからのリーディングを得意とする。「心と魂と体=三位一体」心(思...