12月も中旬にさしかかりました。随分と寒さがしみる季節になりましたね。

冬至は夜が一番長い日。これから立春までの夜の時間が長い時には、内省をするのにはとてもいい時間だと知っていますか?

今回は前回に続いて、ネイティブアメリカンに口伝伝承されている「大地の智慧」からこの時期の過ごし方をお伝えします。
a09c4eab5ab5044eb55588fc281e29fa_s

○11月21日から春分の日までの4ヶ月〜キバムーンという時期

ちょうど1年前でしたが、約45,000年前のマヤの時代に生まれ、ネイティブアメリカンを始めとする人々に口伝伝承された、人がより幸せに力強く生きるための「大地の知恵(自然がもたらす知恵)」の集大成であるデリケット・ロッジ・ティーチングのイントロダクションのリトリートに参加しました。

この教えは、数千年も前からキーパー(教えを守る人)と弟子と言う師弟関係により継承されてきたものです。そのキーパーから直接教えていただきました。

自然界では、冬になると熊や爬虫類が冬眠するように、春分の日までの冬の時期は、春に向けての準備をする時期なのだそうです。

11月21日から3月21日までのこの期間を「キバムーン」というそうです。キバムーンの時期には1ヶ月ごとに、過ごし方があります。

○12月21日から1月21日までの期間の過ごし方


キバムーンが始まった11月21日から12月21日までは、「一年を振り返りって感謝して手放す時期」でした。

今年は冬至に当たる12月21日から来年の1月21日までの期間は、「夢が現れる」時期です。

春分の日以降の春からの活動のヒントが、「夢」という形で現れるそうなのです。

これは、実際に夜寝ている時に見る夢かもしれませんし、日常のちょっとした時に感じるヒラメキみたいなものかもしれません。

教えていただいた時に、キーパーがおっしゃっていたのは、その夢を紙に書いてボール(丸い入れ物)に入れておくのだそうです。

それにどんな意味があるのか、ということはまず置いておいて、ただ、夢を書き留めておきましょう。

楽しい遊びみたいな感覚で、見た夢のこと、こんな風だったらいいなーと思いついたことでもいいので書いてみるのもいいかもしれませんね。

○見た夢を覚えておくためのおまじない

あなたは、朝起きた時に夢を覚えていますか?

長編の夢をクリアに見るという人もいれば、朝起きた時には全く夢を覚えていないという方もいると思います。

デリケット・ロッジ・ティーチングでは、実際に夜に見る夢の中にも日常につながるヒントがあると考えていて、見た夢を解析したりもするようです。

日本でも夢占いなど、夢を手掛かりに日常で起きていることのヒントをもらうやり方もありますね。

キーパーから教えていただいた、夢を覚えておくためのおまじないをお伝えします。

それは、

夜、お布団に入って眠る前に「私は夢を覚えています」と4回唱える。

え〜? これだけ? と思われた方、ぜひやってみてください。

宣言することで意識がそこに向き、実際に覚えていられる効果があると思いますよ。

そうして覚えていた夢も、すぐに忘れてしまうので、この時期には頭元に紙とペンを置いておくことをおすすめいたします。



WRITTEN BY 深井 沙織

深井 沙織
一卵性双生児で生まれたので、幼少期から「自分の存在とは何か?」ということに興味がありました。 人生...