★次回は満月前夜にお届けします! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

西洋占星術〜12星座研究 その8

「蠍座徹底研究」

 

蠍座のスタートは「霜降」。そこから「立冬」を経て、射手座の入り口「小雪」までの期間が蠍座シーズンです。この季節はまさに晩秋、魔物の跋扈するハローウィーンを含み、落ち葉は舞い散り寒さは日ごとに増し冬へと転げ落ちていく、ちょっと不安な時期ですね。そんな最中の蠍座徹底研究、始まります。

 

ホロスコープは個人によって様々、人によっては蠍座に惑星が複数入っている場合や、全く入ってないという場合もあり得ます。星座や惑星の影響は無意識の「元型」として存在し、様々な現れ方をするものです。あなたの内にある蠍座に興味の目を向けてみましょう。

 

※以下、星座名がひらがなになっているものは実際の空の星座(コンステレーション)、漢字になっているものは占星術上の星座(サイン)です。


出典: Pixabay

さそり座(空の星座)の神話・伝説

 

さそり座は夏の夜空で見つけやすい星座ですが、冬の星座のオリオン座と共に語られます。そのわけは、サソリがオリオンの宿敵であるためです。

 

神と人間の間に生まれたオリオンはアルテミスとも浮き名を流すほどの美形の巨人で腕の立つ猟師です。そのオリオンは酔った時、うっかり慢心発言をしてしまいます。それを聞いたオリンポスの神々が怒り、一匹のサソリにオリオンを刺し殺す事を命じました。サソリは神々の言いつけ通り、そっとオリオンに忍び寄りその毒針で刺し、オリオンは絶命したという事です。

 

この逸話には諸説あり、サソリを送り込んだのはゼウスの妻ヘラ説、大地の女神ガイア説、オリオンの浮気に怒ったアルテミス説、またオリオンの死因はアルテミスが弓を誤射した為であるという話など様々。ともあれサソリは命令に忠実に従って間違いなく相手を仕留め、その功績によって空に上げられたという事で、同じく空に上げられたオリオンはサソリから逃げ回るように空の真反対を回っているという話です。

 

信奉する相手に命じられた事ならば、汚れ仕事でも無事に達成して栄冠を得る。それがさそり座の神話の真髄でしょうか。

 

 

さそり座の恒星

 

1等星のアンタレスがとても有名です。名前の由来は、赤い光が火星とよく似た印象で「アンチ・アレス〜火星に似たもの」と呼ばれたためです。

 

天文学的には太陽の700倍ほどの大きさの赤色超巨星です。太陽の通り道の黄道や月の通り道の白道の軌道上にあるため、惑星や月と並んで観測される事もあります。

 

星座の中ではサソリの心臓を表します。さそり座には他の恒星や星団などが多く見られ、中には毒針を表す星団などもあります。

 

 

宮沢賢治の「サソリの火」

 

「銀河鉄道の夜」の中で語られる「サソリの火」というお話があります。小さな虫を殺して食べて生きてきたサソリが、自分を襲うイタチから身を守ろうと井戸に落ちてしまい、自分の行為を恥じて祈るお話で「こんなにむなしく命をすてずどうかこの次には、まことのみんなの幸いのために私のからだをおつかい下さい」という台詞と共に天の火(星)となるというお話です。

 

 

二区分ー女性星座

三区分ー不動宮(固定宮)

四区分ー水の星座

守護星ー冥王星(古典では火星)

身体部位ー性器、泌尿器


出典: Pixabay

 

蠍座は牡羊座から数えて8番目の星座。1つ前の天秤座の「他者・対人」から一歩踏み込んだ形で「相手から貰う、受け取る、やってくる物」を表します。相手があって機能する部分が大きいのですが、相手というのは何も実際の人物であるとは限りません。社会や世相、先祖、歴史上の人物、または異次元の存在などなど、蠍座が相手に取る存在はあらゆる階層に渡ります。

 

そのため「貰う物」というのも金銭や物質だけでなく目に見えないエネルギー、才能、能力等である場合もあり、後継者という位置になる事も多々あります。

 

古い歌謡曲などで定着した蠍座のイメージでは「暗くて重い」と思われがち。もちろん実際の蠍座の女性はそういうタイプばかりではありませんが、その暗さや重さの真相をひもとくと、それが素晴らしい能力である事がわかります。

 

実際、蠍座にはピカイチといっていいほどの精神力と存在の深みがあります。その感性は奥深く、静かでいながらたいへん豊かです。

 

自分が何が好きかわからない状態だと動き出せないのが蠍座ですが、いったん好きなものにターゲットを絞ると全精力をそこに注ぎます。執着心と呼ばれる事もありますが、物事の表面だけでなく底の底、裏側まですべてを掘り下げるくらいの集中力と観察眼、そして表現力を持ちます。

 

人間関係的には、深く長い付き合いを得意とします。親しくなった人とは根底から通じ合うくらいの密度を求め、自分のすべてを投げ出し、相手にも同じ姿勢を無意識に求めます。

 

また裏切りにも敏感で、いったん不信感を持った相手からは全力で心を閉ざしたり、一切の縁を切ったり、報復を考えるほど思い詰める事もあるようです。その蠍座のエネルギーがポジティブな方面に働くときは、とても強く大きく輝くことは間違いないでしょう。

 

調査研究、学問分野、生と死など命を扱う分野、精神的・宗教的・霊的な分野において蠍座のパワーは遺憾なく発揮されます。

 

 

 

個人天体が蠍座にある場合の特徴

 

  • 太陽が蠍座の人の性格

深く強い集中力を使って何かを成し遂げたり難しいと思われた物事を突破する事で充実感を感じるでしょう。

 

  • 月が蠍座の人の性格

好きな相手との間には境界線がないほど馴染みますが、気を許せない相手との間には硬い壁を築くような性質です。

 

  • 水星が蠍座の人の性格

無口だったり能動性に欠けがちな幼少期ですが、学んだり研究する分野に深く入り込み、深い知識や知恵を得ることで考え方のブレークスルーを経験しそうです。

 

  • 金星が蠍座の人の性格

情念の強さが特徴。深く激しい愛情を相互に求め合いたいと願います。ファッションでは目立たない箇所に強いこだわりを持つようです。

 

  • 火星が蠍座の人の性格

集中力と実行力が並大抵ではありません。興味を持てない事には全くやる気がない一方で、興味を持った対象に深くのめり込み、行動すべてがそれ一色になる程です。

 

  • 蠍座に惑星が入っていない人

表面に見えている明るさや楽しさに目を奪われがちで、その裏にひそむものに気づかない可能性があります。いろいろな事にこだわりを持たずソツなくこなせるのかもしれません。しかし多様な星の動きにより蠍座の影響が入り込んで来る時期には、今まで見えていなかったものが急に迫ってきて驚くような体験があるかもしれません。

 

 

 

蠍座のひとりごと

 
私は泳ぎ、潜っていく。あなたと心が触れ合うたび、あなたの世界へ私は潜っていく。あなたの内側へと潜っていく。あなたがいままで何を思い、感じ、笑い、そして泣いたか。あなたが奥底に抱いている気高い魂、その最も深いところまで私は覗き観て、ときには怪物に襲われたり、闇に取り巻かれたりもするけれども、それをなぎ払い、包み込んで疲労を癒し、真の輝きを取り戻すことができる。あなたの海底に沈む宝物を見出すことができる。あなたも覗けるかしら、私の内側を。一緒に泳いでいけるかしら、世界の底の底まで。最も深い場所はね、誰の区別もない、この世に生まれてくる原点みたいな場所なのよ。みんなそこから来て、そこへ還っていくの。そこに還りたくて、私は泳ぎ、潜っていくの……。

 

 

 

―――――――――――――――――

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

人にはそれぞれオーラがあり刻々と変化しています。 今、辛い恋に悩んでいるのは悪いオーラが原因かもしれません。

『オーラ鑑定』では…

今あなたが出しているオーラを診断し、改善の方向へと導いてくれます。

恋愛運が落ち気味な方は是非『オーラ鑑定』をうけてみてください。

今月末まで無料で鑑定できます。

幸せへの近道『オーラー鑑定』は→→→こちらから

―――――――――――――――――

 

西洋占星術師:ホシハルカ

WRITTEN BY ホシ ハルカ

ホシ ハルカ
専門は西洋占星術です。 アメブロ http://ameblo.jp/hoshi-haruka/ ...