クリスマスって元々はどんなもの?

キリスト教圏内で行われるクリスマス。いつの頃からか日本では、恋人同士や友達同士で派手にパーティーをして盛り上がったりするようになってきていますよね。

でも、12月25日がイエス・キリストの誕生日と言われていること以外、実はどんな物か詳しく知らないで盛り上がっていることありませんか?

私自身は祖父が牧師の勉強をしてた人で、幼稚園時代はプロテスタントの幼稚園、中高とカトリックの学校に通った経緯からクリスマスはずっと厳かに過ごしてきました。
ちなみに梛木は洗礼は受けていないのでクリスチャンではありませんが……

ということで今回は、クリスマスの起源やサンタクロースの由来をお伝えいたします。
91069abb00ff6983467c3528a8f0ff30_s

実はイエス・キリストの誕生日は12月25日ではない……!?

聖書にはキリストが生まれる前日に、占星術の学者である東方の三賢人が集い、羊飼いが押し寄せ、とにかく大勢の人がキリストの生まれた馬宿に訪れますが、
生まれた日というのは一切記述がありません。

記述が無いのにも関わらず何故12月25日が聖誕祭になったのかと言うと、聖書に書かれていた星の位置などから冬であったのではないかと推測されたという説が有力です。

また、西方教会がかつて古代ローマで栄えた太陽神ミトラスを主神とする、ミトラ教で行われていた冬至の祭りを転用したのではないかとも言われています。

他にも、ヨーロッパのゲルマン民族やバイキングの間で冬至の頃に行われたユールの祭りなどが集合して、クリスマスの原型になったようです。

サンタクロース・煙突・靴下。元々は聖人の話から

クリスマスには良い子にしていたら、靴下を枕元に置いておくと、サンタクロースがプレゼントを入れていってくれる。

そんな逸話は子供の頃に誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。

元々はキリスト教の聖人、聖ニコラウスの行いが元となっております。

とある家族が貧しさのために娘を身売りしなければならなくなっていたのですが、その話を知った聖ニコラウスは真夜中に家族の家を訪れて、窓から金貨を
投げ入れたのです。

すると、暖炉に靴下がかけられていてその靴下の中に金貨が入ったという事から、クリスマスの夜にサンタクロースが煙突から入って、靴下の中にプレゼントを入れてくれるという話が広まったのです。

なまはげみたい! ドイツの黒いサンタクロース

ドイツの伝承では、聖ニコラウスの同伴者として、クネヒト・ループレヒトと言う、黒と茶色の衣装を着て悪い子にはお仕置きをするという伝承があり、黒いサンタクロースとも呼ばれています。

悪い子にお仕置きするって、日本のなにかに似ていませんか? そう、日本のなまはげです。

日本では東北地方秋田県男鹿市などで行われる民族行事のなまはげですが、遠いドイツでも悪い子にお仕置きする怖い存在がいるなんて驚きです。

これは東北地方の伝説ですが、日本にイエス・キリストの墓があるとも言われています。もし、なまはげとキリストに関係性があったら、とても面白いですよね。

日本にクリスマスが伝来した頃って……?

日本では明治維新よりも前は江戸幕府による禁教令によりキリスト教は禁止されていました。

ですが、長崎の出島においてオランダの人々は、クリスマスを祝うというものではなく、冬至という形でオランダ式の正月を開催していたらしく、日本人も真似していったそうです。

明治時代になると、文明開化した日本は西洋文化を積極的に取り入れようと、百貨店のクリスマス商戦が始まり、クリスマスが一般市民にも知られるようになっていきます。

また、大正天皇が12月25日に崩御された事から、大正天皇祭が設定され、長く12月25日が日本の休日となっていた事から、広く普及するようになっていったようです。

今日では広く日本の一般庶民にも広がったクリスマス、時代と共に様々な形を経て日本独自のクリスマスとなっていっているのが伺えますね。

次回は、近年日本にも広がりつつあるクリスマスのイベント、「クリスマスマーケット」についてをお伝えいたします!



WRITTEN BY 梛木 赫

梛木 赫
名前:梛木 赫(ナギ・アキラ) 経歴:2012年よりとあるきっかけから過去世を見るようになり、 ...