花の形がキャベツ型? キャベッジローズのオイルの効果・効能

ローズのアロマオイルは多くても、その中で独特な形をしたローズを紹介いたします。
そして、その香りが持っている効果や効能を知っておくと、普段使いできるものかどうかも確認できるでしょう。また、自分の体に合うかどうかも見ていきます。


出典:ぱくたそ

実は名前は見た目から?

いろいろな場所で作られているキャベッジローズの名前は、この見た目から名付けられ
ました。基本的な「ダマスクローズ」と同じように、いろいろなオイルの原料になって
いるのです。また別名で「モロカンローズ」と呼んだり、「プロヴァンスローズ」とも
呼ばれたりすることも多いといわれています。水蒸気を使った蒸留法を使ってオイルを
抽出すると、「ローズオットー」になるのです。ローズの香りに「はちみつ」のような
甘い匂いが交じるので、馴染みやすいと感じる人も多いとか……。

効果は心のバランスを取ってくれること

このキャベッジローズの効果としては、「心を落ち着けてくれる」のです。そして、心身のバランスを取りながら気持ちを穏やかなものになります。ですから、心が落ち込んだ
ときにこのオイルの香りを嗅いでみてください。胸の中につまっている心配事やストレスを少しずつ和らげてくれるので、少しずつ前向きな気持ちで進めるようになります。
また、体への効果として「月経不順」などに効果を発揮してくれるのです。「更年期」の症状も和らげてくれるので、自分の思いを素直に言葉にできるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

組み合わせでオススメなのはフローラル系

このキャベッジローズと相性の良い組み合わせは、「フローラル系」のアロマ。例えば、「カモミール」や「ゼラニウム」、「ラベンダー」がオススメです。このローズの香りは強めですから、もし組み合わせる場合は、少量にしておくことを覚えておきましょう。
それ以外にも、「パルマローザ」や「ベルガモット」とも組み合わせてみると、気分が
少しずつ上向きにできるかもしれません。ジャスミンと合わせると、恋愛に対して強い力を授けてくれるでしょう。気持ちを落ち着かせてくれるので、異性と接する中で、ありのままの姿を見せることができるのです。

 

ローズの中でも柔らかい香りで使いやすいので、普段使いにもおすすめできるでしょう。しかし、使うときには少量にしておいてください。香りが強すぎてしまうと、気持ち悪くなってしまうこともあります。ですから、できるだけ単体で使うのではなく、他のアロマと混ぜてみましょう。そこから、自分の好きな香りを作り出せるようになります。

<出典・参考文献>
・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社
・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング
・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...