沼地に咲く花は慈悲の象徴


出典:無料画像素材写真AC
このロータスは、仏教の中では泥水の中から生じ、美しい花を夜明け前に咲かせるといわれています。その姿から、「知恵」や「慈悲」の象徴として大切にされているのです。また、インドやエジプト、中国などでは「聖なる花」として大切にされているとか……。香りとしては、じっくりと熟した果実のような「甘い匂い」が特徴。このロータスの種子に含まれる成分の中で「ネフェリン」という物があるのですが、「肺がん」の予防に効果があるとされていて、医学の中でも注目されているのです。



効能はリラックスや瞑想

ロータスの効能として、代表的なのは「リラックス」と「心の安定」になります。そのため、気持ちが疲れてしまったり、身体が重かったりと感じた場合はオススメ。このロータスのアロマを焚きながら、「ヨガ」や「瞑想」をしてみると、内なる自分との対話をじっくりと行えるともいわれているのです。ですから、自分の中でどう行動すればよいのか分からなくなってしまったときには、この香りと共に深呼吸をしてみてください。ゆっくりと香りが身体の緊張を解いていき、気持ちを楽にしてくれるので、頭の中もスッキリとしていくでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

相性が良いのはシトラスの香り!

このロータスと相性が良いのは、シトラス系や、スパイス系です。そのため、「グレープフルーツ」や「バニラ」などもオススメ。また、「パチュリー」や「サンダルウッド」などと組みわせてみると、気持ちをリラックスさせる効果が高まるといわれています。しかし、焚くときに注意してほしいのは、十分に「希釈」すること。どうしてもロータスの香りは強いので、アロマランプやルームスプレーなどで使うときには、しっかりと希釈して使ってください。香りが強すぎて、気持ち悪くなってしまう恐れがあります。しかし、そこだけ注意すれば、自分の心を穏やかにする手助けをしてくれるのです。

日本でも馴染みのある香りだからこそ、試してみたいと感じる機会もあるでしょう。そのとき、お試しで使うのならしっかりと希釈し、日の当たらない場所に保管することを意識してみてください。そうすれば、疲れた気持ちをリラックスさせる空間を作り出せるでしょう。

<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社



占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...