★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

ヨーロッパ固有のもみの木


出典:無料画像素材写真AC

「シルバーファー」というオイルがあり、これはヨーロッパ種の「もみの木の代表」と 呼ばれていて、この木の樹皮には「ポリフェノール」が多く含まれていると言われて
います。このアロマは「香水」や「石鹸」、「入浴剤」等に使われることが多いのです。また、このオイルの効果は、殺菌作用が強く、デュフューザーなどで室内に散布すると「感染症」を予防してくれると言われています。そのため、気管支炎などに困っているのなら、使ってみるのがオススメ。少し甘めの香りのため、頭をスッキリさせて気持ちを 落ち着けてくれるでしょう。

北アメリカで一番生産されている?

「ダグラスファー」と呼ばれるこのオイルは、モミの種類ではなく、「トガサワラ属」と呼ばれる種類になります。背丈も高く、北アメリカで一番生産されている植物です。
野生生物や昆虫たちに「恵み」を与えていたとか……。このアロマは他のファーよりも「甘み」が強いのが特徴で、気持ちを落ち着けてくれる効果があるのです。そのため、
不安になった時には、この香りで安心感を得られます。また、入浴やマッサージに使ってみると、「風邪」の予防に効果があるのです。


出典:無料画像素材写真AC

50種類も似ている物があるもみの木

「バルサムファー」北アメリカで多く栽培されていて、色々な生物の恵みになっている 植物になります。そして、この樹脂は「風邪」に効果があるといわれていて、16世紀の カナダでは船員たちの「壊血病(かいけつびょう)」に効果があるとされ重宝されていました。
そして、このアロマをデュフューザーで使ってみると、「森林浴」をしたような気分になれます。そのため、気分が落ち込んでしまったときや疲れたと感じた場合は、この アロマを使ってみましょう。香りと共に気分を上げてくれます。そして、少しずつ前向きな気持ちを抱きながら、新しい一歩を踏み出せるでしょう。

 

もみの木と聞くと、クリスマスの印象がありますが、アロマでもその気分を味わえます。ですから、自分の気持ちが落ち込んでしまったと感じるのなら、このアロマを是非手に
してみてください。そこから、生活も豊かになっていくのです。

<出典・参考文献>
・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社
・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング
・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社


この記事が気に入ったらいいね!しよう

シェア ツイート

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...