★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

マイナスな気持ちを開放しましょう!【イランイラン】


出典:無料画像素材写真AC
イランイランは、フィリピンの方では「そよ風に揺れるは花々」という語源からきていて、そのため、「花の中の花」という意味を持っています。また、インドネシアでは新婚夫婦のベッドに敷かれていたとか。それだけ、このイランイランの甘い香りに、「リラックス感」を抱けるでしょう。そして、官能的な気持ちが呼び起こされるといわれているのです。そして、このアロマには、「鎮静」と「興奮」のバランスを取ってくれるとか。そのため、リラックスしつつ楽しい気持ちを呼び覚ましてくれるでしょう。



夜の女王と名高い【ジャスミン】

ジャスミンは、いろいろな地域で「愛情」や「官能」を結び付けられてきました。ジャスミンの香りは「夜」になると濃厚に香るといわれているため、インドでは「夜の女王」と呼ばれているとか……。ヒンドゥー教の愛の女神は、ハートを射止めるために、ジャスミンのオイルが塗られた矢を持っているといわれています。このアロマの効果として、愛情を分かち合う気持ちが引き出されるでしょう。そして、自分の心の中で不安が次第に和らいでいくのです。そのため、心にゆとりが持てるので、秘めている思いを表現できます。


出典:無料画像素材写真AC

優柔不断な思いを和らげてくれる【クラリセージ】

このクラリセージは、ラテン語で「明晰な(めいせきな)」という言葉が由来になっていて、疲れ目にも効果があるとか。また、ワインの風味付けにも使われることが多く、「香水」の原料としても幅広く利用されています。そして、このアロマの効能ですが、心を強く持つことができるでしょう。そして、リラックスできるように気持ちをほぐしてくれるのです。そのため、不安を感じる機会が減っていくのです。また、自分の人生に対してきちんと向き合えるからこそ、良いひらめきを得られるでしょう。

自分の気持ちを和らげつつ、ゆったりとした思いで人生に向き合えるからこそ、新しい環境へと一歩踏み出す勇気を香りからもらえます。そして、前に進むために、自分に何が必要なのかをしっかりと考えながら行動できるのです。



<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社


占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...