★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

まずは石の歴史から


出典:無料画像素材写真AC

ローズクォーツは、和名の「紅水晶」の他に「薔薇石英」とも呼ばれているとか。また、このストーンは愛と美の女神の「アフロディーテ」に捧げられた薔薇に由来しているといわれています。そのため、古代ローマ時代からいろいろな彫刻や印章、装飾品などに使われているのです。色合いも、淡いピンクだからこそ、女性に人気の高いパワーストーンになります。制約のある一途な愛情を貫いた人物には、「激愛の戦士」という称号と共に贈られたといわれているのです。



ストーンの効果は「前向きになるサポート」

恋愛に対しての「目的達成」に対して選ばれることが多いこのローズクォーツですが、実際の効果はもっと深いものになります。自分がこのストーンを求めているときは、心の中で「愛することにストップをかけている状態」といわれていて、どこか一歩踏み出すのを不安に思っているのでしょう。しかし、このストーンのパワーを受け止められれば、気持ちに余裕が生まれ、積極的に行動できるよう支えてくれるのです。そして、愛を育む邪魔をしていたのは、自分の中に眠っていた「自己嫌悪」や「トラウマ」だったと気づかせてくれるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

相性が良いのは愛情を引き出す石

ローズクォーツの効果は、「愛情」を相手に伝えるもの。だからこそ、その深い愛情を引き出すようなストーンが効果的になります。そのため、「アクアマリン」や「モルガナイト」がオススメ。この2つは、愛する人への「思いやり」や自分の「魅力」を見せてくれるとか……。そのため、自分が思いを寄せる相手との距離を少しずつ近づけてくれるでしょう。
また、「トルマリン」と組み合わせてみると、「癒し」の力がさらに増していきます。そのため、心身ともにエネルギーが満たされていき、疲れを和らげてくれる効果があるといわれているのです。そのため、もし一緒に組み合わせるときに迷ったら、この3つを選んでみてください。すると、安心感を強く覚えます。

愛情の石として有名なローズクォーツですが、その本当の効果を知っておくと、自分の心がさらに満たされているような感覚を得られるでしょう。そして、自分の思いに対して、少しずつ素直に行動できるようになるのです。



<出典・参考文献>

・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社

・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社


占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...