★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

ベイローレルの歴史について見ていきます


出典:無料画像素材写真AC

元々、古代ギリシャやローマでは、「平和」と「勝利」の象徴として、この月桂樹は大切にされていました。そして、庭に植えていたこのベイの木がしおれているのを見たとき、「災害」の前兆ではないかといわれたとか。また、聖書では「キリスト復活のシンボル」とされていています。また、「予見」のハーブともされていて、古代ギリシャの人々は、枕の下にこのベイローレルの葉を敷いて、予知夢を見るように寝ていたといわれているのです。そのため、このベイローレルには、人間の「精神」や「心理」に語りかける力が あるのでしょう。



 

効果と効能は?

心への効能として、自分の心の中で見えないと感じている目標や方向性を示してくれると言われています。その部分は、「ローズマリー」とも似ているとか。
そして、このベイローレルは「直感力」を高めてくれるとか……。そのため、自分に自信がないと感じている人は、この香りを楽しんでみてください。すると、自己評価を少し ずつ高めてくれる効果がでてくるでしょう。そして、体の気の流れを循環させてくれるので、体調が少しずつ整っていくと言われています。そして、呼吸器にも働きかけて、
「風邪」を引いたときや「鼻づまり」を解消させてくれるのです。


出典:無料画像素材写真AC

 

相性の良いアロマオイルはフローラル系!

このアロマは、フローラル系と相性が良く、「ゼラニウム」や「ラベンダー」を合わせるのがオススメ。また、気管支炎が不安だと感じるのなら、「ユーカリ」と「ラベンサラ」のオイルを合わせてみてください。少しずつ、呼吸が楽になっていくでしょう。そして、食べすぎてしまったときには、「オレンジ」や「コリアンダー」、「マージョラム」と いう組み合わせが良いでしょう。お腹が少しずつ楽になりますし、苦しさが少しずつ
和らいでいくと感じるかもしれません。



 

料理だけでなく、香りとして月桂樹を楽しんでみるのも、また別の使い方で楽しめるようになるでしょう。そして、自分の体調と相談しながら使ってみると、気持ちも少しずつ 明るいものへと変化していきます。ですから、勇気を出して手にとってみてください。

<出典・参考文献>
・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社
・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング
・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社


この記事が気に入ったらいいね!しよう

シェア ツイート

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...