★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

甘く落ち着いた香り【アトラスシダーウッド】


出典:無料画像素材写真AC

元は北アフリカが原産でしたが、北アメリカでも多く生育しているものです。シダーの 語源はアラビア語で「力」という意味であり、針葉樹の中でもしっかりと根を張るため、古くから「偉大な力の象徴」とされていたのだとか。このアロマの効果としては、「心を落ち着けてくれる」というものがあり、不安を感じているときにはこのアロマを嗅いで みると気持ちが楽になります。そして、少しスパイシーな香りもあるので、脳を活性化 させてくれる効果も持っていると言われています。もし、集中力が続かないのなら、このアロマはぴったりでしょう。



インディアンによって使われていた?
【バージニアシダーウッド】

原産地は北米で、「インディアン」によって古くから使用されていました。属名が
「ジュニパー」になっているので、「バージニアジュニパー」と呼ばれることもある
とか……。この樹木は、虫を寄せ付けず腐らないのが特徴。日本の「桐のタンス」と同じように虫から衣服を守ってくれると言われています。また、このアロマの効果は「鎮静」です。気持ちが不安になったり不安定になったりした場合は、この香りを嗅いでみると リラックスできるでしょう。そして、リンパの流れを良くしてくれる効果もあるので、「冷え」などにも効果があります。


出典:無料画像素材写真AC

 

神々の木という名前が付いている【ヒマラヤンシダーウッド】

ヒンズー教では、この樹木を「御神木」として礼拝しているといわれているのです。
そのため、サンスクリット語で「神々の木」という名前がついています。このアロマの 効果は、気持ちを落ち着けてくれると共に、前向きな思いを育ててくれるでしょう。
そのため、「瞑想」のときに使われることが多いのだとか。また、呼吸がし辛いと感じたとき、この香りを嗅いでみると、少しずつ楽になっていくと言われています。それ以外にも「頭痛」がひどい人にも効果があるとか……。



シダーウッドだけでも3種類それぞれ特徴があるのです。ですから、今の自分に合った アロマオイルを見つけて活用してみてください。すると、気持ちも楽になりますし、心が高まるのを感じられるでしょう。そこから、毎日も豊かになっていくのです。

<出典・参考文献>
・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社
・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング
・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社


新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...