新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!

お盆は元々仏教からきている


出典:無料画像素材写真AC

お盆という行事の元になっているのは、仏教の開祖である「お釈迦様」の弟子の1人の 母親が「地獄」へと落ちてしまったのを助けるため、7月15日に霊を供養したところからきています。そして、この行事が日本へ入ってきたのは1200年ほど前の「飛鳥時代」。しかし、これは元々「貴族」や「僧侶」だけが行うものでした。それが、江戸時代から「ロウソク」や「提灯(ちょうちん)」などが大量生産され、市民にも行き渡ったことで 広まっていきました。



お盆はいつからいつまで?

基本的に8月13~16日に行います。まず、13日に「盆棚」を作り始めるのです。そして、「精霊馬(しょうりょううま)」と言って、きゅうりで作った馬となすで作った牛の置物をお供えします。これは、ご先祖様はきゅうりの馬に乗って家へ戻り、帰りはなすの牛に荷物を乗せて帰っていくという意味が込められています。また、来るときは馬に乗って早く戻り、帰るときにはのんびりと帰っていくからという意味もあるのだとか。
そして、お墓参りから帰ってきたときに「迎え火」を焚くのです。最終日の16日には、 夜にご先祖様を見送るための「送り火」を焚いて終了になります。


出典:無料画像素材写真AC

お盆での各地のイベントについて

地域によって、お盆の時期に行うお祭りもあるのです。例えば、京都の「五山送り火」が有名ですね。こう呼んでもわからない人は、「大文字焼き」といえば分かるでしょうか。大きなイベントとして行っているので、とても「派手」に見えますが、これも16日に 行う送り火の大きなものだと考えられます。また、大きな川がある地域では「灯篭流し(とうろうながし)」も行われます。これも、実は送り火の1つで、死者の霊をとむらう方法として上げられるでしょう。しかし、近年は「環境問題」もあり、数は少なくなって いるとか。



お盆についての知識を持っておけば、年配の人と話すときも、間違えることがなく一目置かれるでしょう。そして、近隣の人との関係も次第に良くなります。そして、新しい人間関係も築くチャンスが訪れますので、この機会を使ってみてください。


★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

占いコラムニスト・水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...