◎空海の生誕地「讃岐」の螢が飛び交う美しい川の伏流水で仕込まれる旨い酒

古くは柿本人麻呂が、「玉藻よし 讃岐の国は国柄か 見れども飽かぬ神柄か……」と万葉集で歌った豊かな自然に恵まれた風光明媚な土地「讃岐」。

この讃岐は、平安時代の僧、真言宗の開祖である空海の生誕の地でもあります。

今ではうどん県としても知られるようになった讃岐、今の香川県に、今回ご紹介する「川鶴」を造る川鶴酒造さんはあります。

蔵の裏には、今でも夏には蛍が飛び交うという財田川(さいたがわ)が流れ、川鶴はこの川の伏流水で仕込まれています。この財田川に鶴が舞い降りたことから初代蔵元が酒名を「川鶴」と名付けたのだそうです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c
財田川は別名「宝田川」とも呼ばれ、田に宝をもたらす水源を意味するそうで、「酒造りは米造りから」という酒造理念のもと、川鶴酒造さんの蔵の裏には自社の田んぼがあり、この川の恵みをふんだんに得て育ったお米が実るのだそうです。

今回はそんな地元の米と水にこだわり醸され、全国にファンが広がっている「川鶴 讃州山田錦65 純米無濾過生原酒」をご紹介いたします。

◎川鶴酒造 讃州山田錦65 純米無濾過生原酒 を味わう

今回ご紹介するのは、香川県観音寺市の酒蔵、川鶴酒造さんが醸す「川鶴酒造 讃州山田錦65 純米無濾過生原酒」です。
%e7%84%a1%e9%a1%8c2
和紙の風合いのラベルに描かれた骨太な川鶴という文字と二羽の鶴が描かれたレトロで郷愁をそそる粋なボトルに、味わう前から心を掴まれ期待が高まったのを思い出します。味わうとさらに筆舌にしがたい旨さで、これまで飲んだどんなお酒とも違うというのが第一印象でした。

芳醇とは、こういうことを言うのだなと感じる豊かでふくよかな香りを吸い込んだのち、口に含むと、ふくよかさとは反する爽やかさを感じました。その爽やかさが過ぎ去ると、今度は深いコクが顔を出し、お米の甘みが舌に沁みわたってくるという複雑な味に驚きました。本当においしかったです。

このお酒を初めていただいたのは常時40種類以上日本酒を置いているお店でした。たくさんの銘柄をその日に味わいたいので、このお店で同じものをリピートすることはまずないのですが、これをいただいた日は3度このお酒を注文しました。そのくらい筆者にとっては好みでインパクトのあるお酒でした。

このお酒で使われているお米は「讃州山田錦」。先にお話した川鶴酒造さんの自家実験田と地元契約農家さんで造られたものが100%使われています。

65%精米で、35%しかお米を削っていないため、お米の旨み・甘みがしっかり活きています。削る部分が少なければ少ないほど、お酒には雑味が出やすくなりますが、最小限しかお米を削らなくても、雑味ないすっきりした味わいに仕上がっているのは、川鶴酒造さんのお米へのこだわりがなせる業と言えるでしょう。

◎香川初の女性杜氏とともに、様々な酒を生み出し全国へ

香川県と言い日本酒を連想する方はほとんどいないのではないでしょうか? 

それもそのはず、この川鶴を作る香川県には、稼働している蔵が7つしかありません。四国で一番蔵が多いのは愛媛県で82蔵。次に高知県が28蔵、日本酒ではあまり聞かない徳島県でも18蔵です。香川の7蔵というのがいかに少ないかお分かりいただけるでしょう。

昭和63年に瀬戸大橋が開通し、瀬戸内海の交通の便が良くなり、兵庫の灘のお酒など、有名な日本酒がどんどん入ってくることで、香川の地酒は存亡の危機に直面したのだそうです。そうした時期、川鶴酒造さんは代が変わり、6代目の蔵元に現在の川人裕一郎社長が就かれました。川人社長は、但馬杜氏の寺谷さんを呼びよせ、新たな酒造りに取り組まれ、酒質も変化した川鶴は快進撃を始めます。

同時に川鶴酒造さんは普段日本酒を飲まない人にも飲んでもらえる様々な商品を生み出しました。一つが日本酒をベースにした、季節のフルーツで作った果樹酒。普段日本酒を飲まない女性にも好評だそうです。

もう一つが低アルコールの原酒です。原酒というのは加水していないお酒のことで、加水せずアルコール度数が低い日本酒造りは大変難しいのだそうです。

その難しい低アルコールの日本酒を、前出の杜氏、寺谷さんにつき学んだ藤岡美樹さんという女性が、女性ならではの感性で作っていらっしゃいます。藤岡さんは、この秋から始まる来年のお酒の醸造から醸造責任者に就任され、杜氏さんを目指されています。藤岡さんが杜氏になれば、香川県で初の杜氏さんの誕生ということになります。

藤岡さんが醸す次のシーズンの川鶴に、ますます期待がふくらみます。


香川初女性杜氏誕生のニュース動画



WRITTEN BY らぶ らどらいと

らぶ らどらいと
【らぶちゃんイベント&セッション情報】 http://ameblo.jp/nerori-aroma...