【ヒーリングアートとエネルギーアートとは】

%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%881
芸術の秋ですね。絵画を描いたり鑑賞することが好きな方も多いのではないでしょうか。

スピリチュアル的にも絵にはパワーがあり、癒したりパワーを与えてくれたりするのです。

具体的にいうと、ヒーリングアートとエネルギーアートです。

一見、同じように思えるこのヒーリングアートとエネルギーアートは、少し違うものなのです。

その2つの違いとそれぞれの活用法を、ヒーラーでもある梛木赫がお話します。

【ヒーリングアートってどんなもの?】

パステルアートなどでセルフヒーリングをする、ヒーリングアートってご存知ですか?

自分で描く事で心を落ち着かせるアート療法というものになります。

最近だと、パステルの他にステンシルや、水彩を使ったふんわりとしたタッチの絵画で、まさしく心が癒される物です。

絵を描く事で今の自分の心の内面や、自分の内側を見つめることができます。

でも、絵を描くのは苦手……とおっしゃる方でも大丈夫!

パステルを使うパステルアートなら、初めてでも気軽に始められて、絵を描くのが苦手な人でも描く事が出来るというのが利点で講座もとても多いです。

描くのに慣れてきたら、自分の好きな色、気になる色を使う事で、カラーセラピー的な部分での癒しもできるので、気軽に自分の内面整理ができるのです。

【エネルギーアートって?】

自分で描くヒーリングアートに対し、エネルギーアートとは、いわゆるヒーラーやエネルギーワーカー描いた絵にエネルギーを注入するという物になります。

注入するエネルギーによって様々な効果があり、例えばパワーストーンの浄化や、部屋の浄化などにも効果があります。

ただ、こういった物は描くヒーラーやエネルギーワーカーによっても値段もピンキリで、オートクチュールのように作品を描いていただく以上に、それ相応の単価が必要となってしまいます。

【でもエネルギーアートが欲しい……】

%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%882
少し前にパワーストーンの浄化でヒーリングアートのご紹介をさせていただいた時に紹介した、「神聖幾何学模様」のように、模様そのものにエネルギーがとてもある物を使用すれば、実は誰でもエネルギーの入ったいわゆる「エネルギーアート」が描く事が出来ます。

図形の描き方で描けるので、無理なく描く事も出来ますし、前述にあるパステルアートの講師の方でも、このような神聖幾何学模様を用いたパステルアートを教えて下さる方もいます。

神聖幾何学模様は、元々は聖音という調和の取れている音の振動を図形として表した物で、その図形パターンが聖音と同じエネルギーを発生させていると考えられているそうです。

元々この二つは瞑想の為のツールとして使われてきております。

瞑想はリセットをするのに必要ですが、描く事によって自分の内面整理をしつつ、完成した物で瞑想を常に出来るようにすることができるのです。

【エナジーカードという物も……!】

描くのはちょっと習いに行く時間がない……。かと言って欲しいヒーラーやエネルギーワーカーのイラストはお高い……。という方には、エナジーカードという物がおすすめ!

金属のカードですが、薄いので重くもなく、カバンの中にそっと忍ばせておくこともできます。価格も2000円以内で購入できる物が多いです。

スピリチュアルグッズを取り扱っている所だと見かける事もありますが、各地で開催されるミネラルショーや癒しフェスなどで取り扱っている店舗もあります。ネットでも販売されておりますから気軽に入手できますよ。

このように、自分の瞑想や癒しにも使う事のできるヒーリングアートや、浄化ができるエネルギーアートなど、絵にはパワーがあります。

気晴らしをしたい時など、家の中で気軽にできるアートで、芸術の秋を満喫してはいかがでしょう?



WRITTEN BY 梛木 赫

梛木 赫
名前:梛木 赫(ナギ・アキラ) 経歴:2012年よりとあるきっかけから過去世を見るようになり、 ...