アロマを使うならぜひ覚えておきましょう!香りの系統について【フローラル・シトラス・ハーバル】


出典:無料画像素材写真AC

花の香りが特徴【フローラル系統】

このフローラル系の香りは、「ローズ」や「イランイラン」のように花から抽出したものから、「ゼラニウム」のように「葉っぱ」から抽出したものまで様々。その中でも、花のような香りのする種類がこの系統に当てはまります。この系統のアロマは、「心」に働きかけることができ、「ストレス」を軽減してくれる効果があるのです。
それ以外にも、気持ちを落ち着けてくれるとも言われています。また、「スキンケア」にも使われる種類が多いので、「肌」にもやさしく、毒性も弱いのです。



爽やかな香りで明るい気分に【シトラス系統】

「柑橘類」の皮を使って抽出したものや、「レモン系」の香りがするものがこの系統に当てはまります。シトラス系の香りは「爽やかな匂い」が特徴で、周りを「明るい気持ち」にさせてくれる効果があるとか。そのため、気分が落ち込んでしまったときに、この香りを積極的に使ってみると良いでしょう。そうすれば、自然と気持ちも上向きになり、前を見て生活を送ることができるかもしれません。
皮から抽出した場合は、「光」に弱く、紫外線に当たってしまうと品質が変化してしまいます。しかし、「水蒸気蒸留法」という方法を使った場合は、変化しないのです。


出典:ぱくたそ

ハーブ系はこの分類になるかも【ハーバル系統】

「ハーブ」という言葉には薬草の意味があり、様々な香りや特徴があります。その中でも、「レモン系」や「スパイス系」を除いたものがこの「ハーバル系統」になります。
そのため、同じ科名のものと比べてみると、勉強になるかも。このハーバル系統は、「種」や「根っこ」から取れるものがあり、種類によって違う香りが楽しめますよ。
「すっきり」とした香りから、「甘い」香りまで楽しめますので、自分の好きなアロマが必ず見つかるでしょう。この系統で有名なのは、「アンジェリカ」や「ローズマリー」が代表的なアロマです。



自分がこれから使う、また購入しようとしているアロマオイルがどういった分類なのかを知っておくと、迷うことが少なくなりますよ。そして、アロマの力をしっかりと理解し、自分の生活を少しずつでも豊かにしていきましょう。

<出典・参考文献>
・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社
・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング
・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...