夏が近づくからこそ知っておくと良いかも? レモングラスのアロマオイルとは


出典:無料画像素材写真AC

まずはどういったアロマなのか

レモングラスは、主に熱帯で育つイネ科の植物です。古来よりインドでは「薬」として 重宝していたとされています。また、レモングラスには2種類あり、基本的に精油で使うのは、「スリランカ」などで取れる「ウェストインディアン・レモングラス」と言われているのです。そして、「カンボジア」や「インド」で取れる「イーストインディアン・レモングラス」は甘い香りが特徴的で、「薬用」や「洗剤」として使われることが多かったとか。
現在では、「トムヤムクン」など、料理の香り付けに使われているのが特徴です。



レモングラスの主な効能とは?

名前の通り、「レモン」に似ている香りから、「精神的な落ち着き」をもたらしてくれるといわれています。そして、「ストレス」を軽減してくれるため、体の「無駄な力」が抜けていく感覚に安心するでしょう。また、緊張からくる「頭痛」や「胃痛」を和らげてくれる効果もありますよ。また、「肩こり」や「冷え性」などの緩和にも役立ちますので、もし興味があるのなら使ってみてください。すると、少しずつではありますが、気持ちが楽になっていくのを感じるかもしれません。


出典:ぱくたそ

相性が良いのはどのアロマか

レモングラスと相性の良いオイルは「ゼラニウム」や「クラリセージ」などになります。基本的にどんなアロマでも合いますが、その中でも相性が良いのが、上記の2つです。
使う時は、ディフューザーで部屋の中の「浄化」に使ってみてください。
「フローラル系」の香りが好みなら、「ローズマリー」がオススメ。お互いの香りを邪魔せずに、程よいバランスで「リラックス」できるでしょう。
しかし、使う際に気を付けたいのは、「肌荒れ」。レモングラスの成分は、肌への影響が強いので、「敏感肌」の人はご注意を。しっかりと薄めてから使えば、大丈夫でしょう。



人気だからこそ、今押さえておきたいアロマオイルの1つになります。その効能を知れば、自分の気持ちが不安定になったとき、じっくりと癒すことができるのです。

<出典・参考文献>
・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社
・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング
・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...