水晶も1つだけじゃなかった!? 水晶の形とその意味とは【アイリス・カテドラル・キャンドル】


出典:無料画像素材写真AC

虹色に輝く水晶【アイリス(レインボウ)

結晶化する段階で、圧力や温度の変化の割合によって「歪み」や「亀裂」が生じてしまうことがあります。そのヒビや歪みが、光の屈折を普段とは違う方向に変化させるので、「虹色」の光を放つのです。また、虹の橋を渡り、神様の声を伝える「ギリシャ神話」の女神の名前から、この水晶の形には「アイリス」という名前が付けられていると言われています。この石は「調和」と「安定」を意味し、「人生の転機」を迎える人の背中を押してくれる効果があるとか……。また、「癒し」の効果もあり、「夢を叶えてくれる」力が秘められていると言われているのです。



階段のように成長した石のことです【カテドラル】

たくさんの水晶が「階段状」に積み重なった状態で成長した水晶は、「カテドラル」と 呼ばれています。そのため、別名「神の知識の図書館」という意味を持っていると言われているのです。そのため、色々な情報や知識、宇宙のすべてを記録する「アカシックレコード」にアクセスできるとも言われています。そして、この石が持っている力とは、 「人間関係」を円滑にして、周りとの「絆」を深めてくれる効果があるのだとか……
それだけ、周りとのつながりを強くしてくれるのでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

ロウソクの形にそっくり?【キャンドル】

小さな水晶が表面で結晶化した形が、「ロウソク」が溶けているように見えることから、この名前が付けられました。この形は、キャンドルのように「温かい力」を持っているとされていて、持ち主が「安心感」に包まれると言われています。ですから、心の中に広がる「不安」や「絶望」を少しずつ小さくしてくれますし、「ストレス」の軽減や気持ちを落ち着かせる力があるとか……。もし、何か不安を感じているのなら、この形の水晶を家に置いてみてください。



形は様々ではありますが、それぞれの意味を知っているだけで、自分が少しずつ整って行くのを感じられます。そして、自分の心に正直になれるような、精神も整っていくのですよ。

<出典・参考文献>

・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社

・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...