チャクラを知って自分を整えよう【第7チャクラ・第8チャクラ・第0チャクラについて】


出典:無料画像素材写真AC

宇宙の力を得られる場所【第7チャクラ】

ここは、「宇宙からのエネルギー」を取り込む際にはとても良い場所です。別名「クラウン」とも呼ばれている場所になります。この部分を象徴する色は「紫色」で、「アメジスト」などのストーンが対応しています。ここのチャクラは「精神的な部分」とのつながりが強く、自分の「視野」が広がったり、意識が「研ぎ澄まされたり」などの効果があるとか……。
そのため、このチャクラを整えることで、「我欲」が抑えられ、周りに振り回されることがなくなると言われています。



第7チャクラのさらに上【第8チャクラ】

この第8チャクラは、第7チャクラよりも上にあって、「ハイヤーチャクラ」とも呼ばれている部分です。色は「白」や「透明」。そのため、「レインボークォーツ」などが対応しています。ここは第7チャクラと同じように宇宙とつながれる場所と言われています。そのため、「霊的なつながり」や「直感力」が研ぎ澄まされるとか……。
ここが開いていると、「ストレス」を感じる機会が少なくなり、「穏やかな時間」を過ごせるでしょう。そして、逆にチャクラが閉じてしまうと、「疲労感」や「疎外感」を覚えることが多くなってしまうので注意してみてください。


出典:無料画像素材写真AC

地球のエネルギーを元に身体のバランスを取ってくれる場所【第0チャクラ】

この第0のチャクラは「足の下にある」と考えられていて、地球のエネルギーを取り込めると言われているのです。そのため、「地に足を付けて、現実に向き合う力」を授けてくれると言われているのです。
そのため、自分に対して「自信が持てるようになる」と言われていて、自然と体に「活力」が満ちていくのが分かるでしょう。象徴する色は「茶色」や「黒」で、「オニキス」などが代表的なストーンになります。ここが閉じてしまうと、不安な気持ちが広がり、「ネガティブ」な考えを抱いてしまうと言われているのです。




それぞれのチャクラの場所、そして色やストーンを知っておくだけで、どこか体の調子が悪いと感じる場合に対処できます。また、自分のコントロールも上手くできるようになりますので、安心感を覚えるでしょう。

 

<出典・参考文献>

・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社

・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社

 

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...