自分でケアしやすい!チャクラ別パワーストーンの活用方法


出典:無料画像素材写真AC

【第2チャクラ 下腹部(ヘソの下)】 あなたの魅力を高めてくれる「性のチャクラ」

このチャクラが開いていると、性的な気持ちが高まり、感覚や想像力を豊かにして心を穏やかにしてくれると言われています。逆に閉じていると、「生理痛」などの性に関するトラブルや腰や腸の病気にかかりやすくなるとか……。エネルギーの循環、活性化させたい方には「琥珀(アンバー)」がオススメ。「不老長寿」や「子孫繁栄」のパワーを秘め、異性を魅了するオーラを高めてくれるでしょう。気の循環を整え、「新陳代謝」や「自己回復力」を高めて体の調子を整えてくれますよ。



【第6チャクラ 額の中央】「第3の目」は人知を超えたエネルギーの出入り口

額は「直感力」や「洞察力」といった神秘的な能力を授けてくれる場所で、「第3の目」と呼ばれることも……。このチャクラが開いていると、的を射たアイデアやひらめきが生まれてくるでしょう。逆に閉じていると勘が鈍ってしまうと言われています。そんな方にオススメなのは「アイオライト」です。高い航海術を持ったヴァイキングのお守りだったこの石は、人生の羅針盤になってくれるでしょう。自分がどうすれば良いか分からなくなったとき、様々な角度から冷静に物事を見る感覚を教えてくれるのです。


出典:無料画像素材写真AC

【第7チャクラ 頭頂部】ひらめきと直観力が鋭くなる「王冠のチャクラ」

このチャクラが開くと、クリエイティブな「発想力」や「観察力」が鋭くなると言われています。逆に閉じてしまうと、「優柔不断」になったり自信がなくなってしまったりと不安になることも。このチャクラにオススメなのは、優れた指導力を授けてくれる「ハイパーシーン」。視野を広くし、強い「責任感」と「意志」を養ってくれるとか……。間違えた方向に流されないように守ってくれますので、安心感を覚えるでしょう。



それぞれのチャクラの位置に、同調する波動を持つストーンを置いてリラックスすることで、自分の体の調子も整っていきます。また、自分の中に秘められている才能やパワーを引き出してくれますので、パワーストーンを信じてあげることが大切です。

<出典・参考文献>

・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社

・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社

占いコラムニスト:水守湊

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...