大人の気がつかないところで、子どもは影響を受けやすい!?


出典:無料画像素材写真AC

子ども部屋の環境について考えるとき、親の影響というものは少なからず大きなものがあります。ですので、まずは基本を押さえてコーディネートしていきましょう。風水では成長段階にある子どもは「木」の気を帯びています。そのため、木を育てるという意味合いで「水」の気を帯びたものと組み合わせると相性が良いのです。ブルー系のカーテンやカーペットを子ども部屋に取り入れてみると、集中力のアップにもつながると言われています。
しかし、子ども部屋の方位によっても、何を組み合わせればいいかは異なります。各方位には意味があるため、うまく力を引き出すために方位に合ったコーディネートをする必要があるのです。





【方位別】子ども部屋のコーディネート・その1

子ども部屋が「北の方位」にある場合には、水の気が強いためブルー系のインテリアをしてしまうと、かえって鋭い気を放ってしまいます。そのため、水の気をゆったりとした流れにするためにも、グリーン系のカラーを取り入れてみましょう。部屋全体のコーディネートが難しいときには、観葉植物などで代用するのもオススメです。
「東の方位」に子ども部屋があるときには、もともと木の気を帯びている方位だということを押さえておきましょう。成長や発展を司る方位であるため、子ども部屋の位置としては最適な場所なのです。木の気の良い流れを維持するという意味でもグリーン系を基本にして、部屋のレイアウトを考えてみるといいでしょう。また、水との相性も良いのでブルー系のカラーも良いと言えます。


出典:無料画像素材写真AC

【方位別】子ども部屋のコーディネート・その2

「南の方位」は火の気を放っているので、子どもが明るく元気に育っていくことにプラスに働きます。ただ、火の気が鋭くなってしまうと落ち着きがない子どもになってしまう恐れもあるので、できるだけ原色のコーディネートは避けてください。ナチュラルなカラーを取り入れて、気の流れを緩和させてみましょう。そして、「西の方位」に子ども部屋がある場合は、金運を押し上げていくことにつながります。雑然とした状態だと、せっかくの良い気も逃げてしまうので、こまめに片付けさせるようにしましょう。

何でも親が一方的に決めてしまうのではなく、子どもとよく話し合った上で子ども部屋の最適なコーディネートを考えてみてくださいね。





風水コラムニスト・風水師:方山敏彦

WRITTEN BY 方山 敏彦

方山 敏彦
ライター・編集者。 趣味が高じて、いつの間にか「占い」にどっぷり浸かる 。料理のメニューに困った...