出典:無料画像素材写真AC

子どもを責める前に、部屋の位置を見直しましょう!

子どもを持つ親御さんがよく口にしてしまいがちなセリフに、「ウチの子は本気になればデキる子なのに……」といったものがあります。しかし、本人を焚きつけようとしても、余計にヤル気を削いでしまうことはあるでしょう。そんなときには、まず子ども部屋の方位を見直してみるところから始めてください。
成長段階にある子どもは、風水では「木」の気を帯びていると言われています。木の気と相性の良い方位は決まっているものの、成績アップのためには「天医」の方位を意識してみましょう。家の中心から見たときに天医の方向に子ども部屋があると、自然と集中力が上がっていきます。




「青」を積極的に取り入れて、集中力アップ!

次に考えておきたいのが、子ども部屋のレイアウトです。目的によって、取り入れるべきカラーは異なりますが、成績アップのためには集中力を高めるカラーでコーディネートしていきましょう。オススメなのが「青系」のカラーであり、うまく取り入れていくことで子どもの心身に落ち着きを与えていきます。
ベッドのシーツやカーテン、カーペットなど部屋の中でも広い面積を占める部分を青系のカラーに変えてみてください。赤系のカラーは一見、ヤル気を引き出しそうですが風水的にはNGです。かえって、子どもの気が散ってしまいがちなので注意をしておきましょう。


出典:無料画像素材写真AC

風水の視点から見たときの最適な「お守り」

子どもが普段から身につけるものにも、風水をうまく取り入れてみましょう。オススメのアイテムとしては、「水晶(クリスタル)」があげられます。水晶は悪い気を吸収して、良い気を増幅させてくれるので、お守りとしては力を発揮するアイテムなのです。水晶をお守り代わりとして子どもに身につけさせるときには、定期的に浄化してあげることも忘れないようにしましょう。浄化の方法としては、新月のときに塩水に漬ければOKです。そうすることで、常に水晶のパワーを発揮させることができます。日常的に取り入れられるものを組み合わせながら、子どものヤル気をうまく引き出してみましょう。




風水コラムニスト・風水師:方山敏彦

WRITTEN BY 方山 敏彦

方山 敏彦
ライター・編集者。 趣味が高じて、いつの間にか「占い」にどっぷり浸かる 。料理のメニューに困った...