お金が貯まらない、ムダ使いが多くて困ってる! そんな貴方へ金運向上のパワーストーン

「お金だけが全てじゃないわ!」と思っていても、お金ってやっぱり必需品で、無ければ生活が滞ってしまう必要不可欠な物ですよね。

そこで今回は金運アップや使いすぎ防止に役立つパワーストーンをご紹介します。

金色の鉱物がいっぱい!ルチルクォーツ】

%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%ab%e3%82%af%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%84

ルチルクォーツは、水晶の中に金色の鉱物(ルチル)が入っています。(この様な鉱物が中に入っている物をインクルージョンと言います)
ラテン語で「黄金に輝く」という意味の「rutilus」が語源です。

中国では金運アップのお守りとして大事にされてきて、特にタイチンルチルという、太いルチルが入っているものはとても価値のあるものとされていますし、パワーも強いのでおすすめです。

集中力や精神力を高めてくれて、インスピレーションを湧かせるという効果もあります。
仕事で集中することによって業績が伸びていくので、結果として金運向上に繋がっていきます。

集中力や精神力が高まると、冷静にもなっていくので、買い物をし過ぎたりすることも防げたりいたしますよ。

日本語では金銭とルチルの金線をかけて金運が良くなるという説もあったりする石でもあります。

レモン色の可愛い石。シトリン

%e3%82%b7%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%b3

シトリンはフランス語で柑橘類のレモンを意味するシトロンが語源の石で、その色は黄色からべっこう飴のような色まで様々な色のある、透明感のある黄色系統の色の石です。

古くから金運・財運を呼んでくれる石とされていてエネルギーを活性化してくれる石として珍重されてきました。

蓄積したストレスをやわらげてくれて、心と身体のバランスをよくしてくれるので、日々の生活でストレスを溜めてしまって、爆発した結果衝動買い! というのも緩和できたりしますよ。

他にも、ひなたぼっこをするようなやさしくて暖かいエネルギーがあるので、精神的にも肉体的にも穏やかにして、活力を与えてくれる石でもあります。

樹木が生んだ宝石。アンバー

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc

アンバーという名前よりは日本人ならば琥珀(コハク)の名前の方が聞いた事があるという方が多いかもしれませんね。
日本でも古くから浸透しているアンバーは、実は石ではなく、松柏科植物(松・杉・ヒノキなど)の樹液が化石化した物で、実際は鉱物ではなくて有機物になります。

ですが、樹木の育んだエネルギーはとても素晴らしく、この石も古くから装飾品として使われてきました。

樹木が二酸化炭素を吸って酸素を吐き出してくれるようなのと同じようなエネルギー循環を行ってくれるのがアンバーです。

マイナスのエネルギーを抜き取って、プラスのエネルギーを循環するという、木さながらのエネルギーを持ち合わせています。
エネルギーの循環と補充をすることで、財産の安定もしてくれると言われています。

ちなみに琥珀は香木である沈香(じんこう)に通じる所があります。
沈香の中で質の良い物は伽羅(きゃら)と呼ばれて、貴重な物とされています。

この沈香は害虫などに犯されてしまった所を木が防御する為に樹液を出して守ろうとし、樹液が固まって樹脂となってバクテリアや胞子の働きにより特別な香りを放つようになったものですが、琥珀も物によってはちょっとこすったりすることで香りが出るものがあります。

木であったころの名残を感じられて楽しいですよね。

ところで、今回ご紹介した3種類のパワーストーンですが、共通点があります。
それはチャクラカラーです。いずれも中腹のチャクラに呼応した色となります。
こちらが安定すると金運向上に繋がると言われていますが、エネルギー循環にとても繋がるチャクラであるからです。

パワーストーンのカラーは身体にも心にも作用して、金運向上にも繋がりますので、色々な石と仲良くしてみてくださいね!

※身体への作用に関しては現代医学で証明されてはいません。
古くから伝わる伝承などからです。



WRITTEN BY 梛木 赫

梛木 赫
名前:梛木 赫(ナギ・アキラ) 経歴:2012年よりとあるきっかけから過去世を見るようになり、 ...