浄化ってどんなことをするの?

新しいパワーストーンを購入した時ですが、自分が入手するまでの間に色々な人が触ったり見たりしていますよね。
まず、採掘されて、業者さんを経由してショップに陳列されて、そしてようやく自分の手元に届きます。

そういう石は綺麗な環境だったとしても、人の手を渡ってくる時に石も疲れてしまい、本来の力が発揮できなくなります。
人によっては「あれ? ちょっと頭痛いかも……?」と、身体の不調を与えてしまうのです。

せっかく気に入って自分の所に来てくれたパワーストーン、どうせだったら綺麗になって居心地良くなって欲しいですよね。

人間だって長旅してきたら疲れてしまいます。それは石も同じです。
だから、最初に手に入れたらまずはゆっくり休んでもらう所から始めましょう!

%e6%b5%84%e5%8c%96%e7%94%a8%e8%a6%8b%e6%9c%ac

浄化の種類について

パワーストーンの浄化には色々な浄化方法があります。
今回は梛木が知っている物、実際に試した事があるものをお伝えします。

【水晶のさざれ石での浄化】

これはとてもお手軽です。水晶のさざれ石や大き目のクラスター(単結晶が集まって形成された集合体のこと)の上で浄化をしてあげます。

水晶クラスターだと結晶そのものなので、さざれ石よりもパワフルにクリアにしてくれて、尚且つエネルギーチャージもしてくれるのでおすすめです。
全ての石に使えるので、とてもお手軽に浄化を始めることができます。

【煙・お香の浄化】

有名なのがホワイトセージの煙で浄化する方法です。
火と煙と香りによる浄化力で、とても石が元気になります。
こちらは全ての石に使えますが、くれぐれも火の扱いには気をつけて下さい。

お香はチャンダン(白檀)のお香などがリセット力が強いです。
お香はその良い香りと火と煙に浄化力がありますので、気に入った香りのお香を使ってみるという方法も良いですよ。

【月光浄化】

満月の日に月の光が入る窓辺にパワーストーンを並べて浄化します。
できたら窓の外に出してあげると良いのですが、月明かりが入る所でしたらガラスごしでも大丈夫です。
(防犯は大事なので無理はしないで下さい)

水晶のさざれ石で普段浄化してる方は、さざれ石やクラスターも月明かりで浄化してあげると、浄化力が強くなりますよ。

ムーンストーンは特に月との波動が合うので是非浄化してあげてくださいね。

【日光浄化】

お日様の光はとてもパワフルで、パワーストーンにもエネルギーを充填してくれます。
この石はエネルギーが特に足りないかも? と思う石を浄化する時に、一番効率的にエネルギーチャージをしてくれます。

ですが、石の中には太陽の紫外線により退色してしまう石があります。

アメジストは紫外線により退色しやすいので特に注意してください。その他に熱に弱い石もあります。
硬度の低い石はできるだけ注意が必要です。

【流水浄化】

流水で短時間で良いので洗った後、綺麗な布で水分を吹き取ってあげます。
これはとても簡単なのですが、石の種類はとても選びます。

前回のコラムで書いたインカローズターコイズは水に弱い石です。

水に弱い石は多数あるので、流水浄化をする際は気をつけて下さいね。

【音による浄化】

パワーストーンショップで、たまにクリスタルチューナーという、音叉のような物が置いてあります。
これは、水晶の結晶にクリスタルチューナーを当てて、その音によって浄化する、音による浄化です。

実はこの音の浄化ですが、賛美歌やクラシックの明るめの曲なども音の振動、波動がありますので応用できるんです。
くつろぎながら石も一緒に浄化して自分もリラックス! というのも良いですね。

【ヒーリングアートでの浄化】

実は筆者は、ヒーリングアートでパワーストーン浄化用のアートを取り扱ってるのですが、絵でも浄化ができるのです!

ただし、浄化用のエネルギーの入った絵や、神聖幾何学模様などのエネルギーの高い絵でないと浄化能力は低いのでご注意下さい。
%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95
今回ご紹介するのは神聖幾何学模様の「フラワーオブライフ(生命の花)」という模様のヒーリングアートになります。

宇宙創生のシンボルでもあるフラワーオブライフは、森羅万象の意味が内包されている形で、自然界の花がそれぞれの情報を元に花を咲かせるという、とてもエネルギーの強い模様です。

この様なヒーリングアートを画面に出して、近くにパワーストーンを置いておくという方法もありますよ。
(プリントアウト等の際は著作権には十分ご注意下さい)

この様に浄化も色々と種類があります。

自分の気に入った方法で浄化をしてみると、より一層石に愛着が沸くようになりますので、是非お試し下さいね!



WRITTEN BY 梛木 赫

梛木 赫
名前:梛木 赫(ナギ・アキラ) 経歴:2012年よりとあるきっかけから過去世を見るようになり、 ...