キッチンは毎日のように使う場所であるため、どういった状態にあるかは家の運気を左右するといえます。食器を汚れたまま放置していたり、消費期限の切れた食材を冷蔵庫に入れっぱなしにしていたりしては運気を低下させてしまうことになります。普段から気をつけるべき、キッチンまわりのポイントについて見ていきましょう。


出典:ぱくたそ

風水の視点から見たときの調理器具の取り扱い方

調理器具として普段からよく使うものの管理は、とても大切なことです。包丁は風水では金の気を帯びているものなので、火の気のものとは相性が悪いといえます。したがって、コンロや電子レンジの近くに置かずにシンクまわりに置くようにしましょう。包丁の素材としては金属製のものがいいでしょう。プラスチックや柄の部分が木製の包丁も風水的には気を乱す原因になるので注意が必要です。まな板については木製のものが良いですが、緑や白のカラーのものならプラスチック製のものでもかまいません。
フライパンなどの金属製の調理器具は包丁と同じく、シンクまわりに保管をするのが無難です。スペース上の問題がある場合には、土の気を帯びた陶器製のものと一緒に保管をすると気の乱れを中和することができます。ゴミ箱についてはフタつきのものを選ぶようにしましょう。風水の視点から見れば、不要な物は悪い気を発すると考えられるのでゴミの管理は適切に行う必要があります。生ゴミなどは異臭がしないように、きちんと密封するように心がけてみましょう。




食材の保管場所や保管方法

食材に関しては、入れっぱなしになって腐らせてしまった物をそのまま放置してしまってはいけません。もったいないとは思っても、すぐに処分をして冷蔵庫内はきちんとした状態を保ってみましょう。ニオイが気になる場合には竹炭などを置いておき、汚れたままの状態にならないようにこまめに掃除をすることが肝心です。お酒は水の気を帯びているので、コンロや電子レンジのまわりは避けるべきだといえます。キッチンの北側に保管をするようにしましょう。
お米や麺類は火との相性が良いので、コンロの下に収納してみてください。できれば、陶器製や木製の容器に保管をするとベストです。


出典:ぱくたそ

楽しく調理をして、運気も高めていく!

キッチンまわりを整えることは風水的にもプラスですが、使いやすい状態に保っておくと調理も楽しく行えます。パッと見た印象で使いづらいと感じるときには、やはりどこかの部分で運気を押し下げている要因があるものです。普段からキッチンまわりの状態をこまめに見ておくようにしましょう。





風水コラムニスト・風水師:方山敏彦

WRITTEN BY 水守 湊

水守 湊
シナリオライター。パワーストーンがもたらす効果が「オシャレ」&「幸運」だと気がついて、「占い」の世界...