恋人やお金、お酒やギャンブルなどひとつのものに必要以上に執着してしまう人は「インナーチャイルド」が欲求不満な状態と言えるでしょう。
他にも「インナーチャイルド」が満たされていないと、自分の欲求がわからず、日常生活の中でさまざまな困難に遭遇しやすくなる、なんて事も。
今日は≪あなたのインナーチャイルドを元気づける方法≫について、MANA-MANA真由美がお伝えします。

あなたは自分の欲求を主張できる?


出典:無料素材画像 写真AC

例えば目の前にさまざまな種類のケーキが並んでいます。
「どれでも好きなものを選んでください」と言われて、あなたは「私、これにします!」とすぐにほしいケーキを選べるタイプ?
それとも周囲を見渡してから他の人が選んだ後、残りのなかで好きなケーキを選ぶタイプ?

人生の選択についても同じことが言えますね。
あなたは日常の選択肢のなかで、すぐに自分の好きなものを主張できるタイプなのか、自分の欲求を伝えるのが苦手なタイプなのか? それだけでも、あなたのインナーチャイルドの状態を知るヒントになりますよ。

主張ができる、できないという状況に、いい悪いはありません。けれどあなたのインナーチャイルドが元気な場合は、スムーズに主張ができるはず。主張することに恐れや不安を抱く場合は、何らかの感情のブロックがあると判断できます。

会社でもプライベートでもなかなか自分の意見を言えない人は、幼少期に厳しく育てられた影響によって、感情を抑える癖がついてしまったというパターンが多いよう。
自分をうまく表現することができない、どんな時もいい人でいようとする……そんな人は「インナーチャイルド」を元気づける方法、試してみませんか?

「インナーチャイルド」を元気づける行動

インナーチャイルドと直結している、本能的欲求を目覚めさせるには、以下のような方法があります。

・ 歌や踊りを楽しむ
・ 新しい体験をする (旅行で知らない土地を訪れるのが理想的)
・ 黄色い服を身に付けたり、黄色いものを食べる
(黄色=第二チャクラの色、インナーチャイルドの癒しと第二チャクラはつながりが深いと言われています)
・ アファメーションを言う
・ 子供と遊ぶ(あなたが子供の頃親しんだ遊びをしてみては?)
・ 好きなものをコレクションする
・ 両親と関わる時間を持つ
・ ハグ、手をつなぐなど、スキンシップを楽しむ

※アファメーション……自分自身に向けた肯定的宣言。例えば「私は愛されています」「私は成功しています」など

子供の頃から行きたいと思っていたところに行くのもOK。さらに、大人になってから、子供の頃ほしかったおもちゃやお菓子を大人買いするというのはよく聞きますが、これもインナーチャイルドの欲求を満たす行動につながっているでしょう。

「インナーチャイルド」が元気になると、どんな現象が起こる?


出典:無料素材画像 写真AC

「インナーチャイルド」が元気になると、心のバランスが保て、自分の欲求を自分で満たせるようになるので、人間関係やパートナーシップが良好になるのを実感できます。さらに本能的欲求に気づきやすくなるので、直観力が働くようになるでしょう。
自分が向かうべき道、選ぶべき選択がわかると、自己実現力が高まりますね。

「インナーチャイルド」の欲求とは、あなたの「本能的な欲求」です。「インナーチャイルド」が元気になる行動を積極的に行い、本当のあなたを取り戻しませんか?

ヒーラー:MANA-MANA真由美

WRITTEN BY MANA-MANA 真由美

MANA-MANA 真由美
ヒーリングサロン&スクール MANA-MANA代表。 明石の海の側のサロンで、マナカードリーディン...